2014年10月26日日曜日

株価と業績が一致しない銘柄は、儲けのチャンス♪

短期的には株価=業績ではない?

株価は、最終的には、企業の価値=業績に一致します。

しかし、短期的には、一致しないケースが多くあります。

相場が好調なときは、業績が悪くても株価が高止まりしている銘柄が多いです。

一方で、相場が不調なときは、業績が良くても、株価が反応せず、低迷している銘柄が多いです。

また、株式市場では、株価は極端な動きをしやすいので、業績に対し、株価が上がり過ぎたり、下がり過ぎたりすることは、当たり前に起こるのです。


長期的には株価=業績になる?

短期的には、様々な動きをする株式市場ですが、長期的には、株価は、業績の推移に一致します。

例えば、株価100円で配当利回り5%の銘柄が、利益が3倍になり、あわせて配当金も3倍になったとします。

そうなると、配当利回りは15%。

こんな高利回りの銘柄を、人々が見逃すわけはなく、いずれは株価は大きく上がります。

長い目で見れば、市場は、効率的なものです。


投資家として、どのような行動をすべきか?

僕たち投資家は、業績と株価が一致せず、割安な銘柄を買うことが大切です。

そのような銘柄を買い、じっと保有していれば、市場は長い目で見れば効率的なので、いずれ株価は業績にあわせて上がるものなのです。

ただし、いつ上がるかは分かりません。

半年後かもしれませんし、3年後かもしれません。

だから、僕は、高配当株を選び、株価が業績に一致するまで、配当金を目的に保有を続けています。



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿