2014年11月16日日曜日

割安株をみつけるための隠れ知識とは?

 

株式投資の基本とは?

株式投資で大切なことは、企業価値に対し、割安な株価で買うことです。

著名な投資家のバフェット氏も十分な安全余裕度を持った銘柄に投資をすると言っています。


割安株を探す一般的な方法は?

割安株を見つける一般的な方法としては、投資指標があります。

僕も、指標を活用して、日本株であれば、資産面からはPBR1以下、収益面ではPER10以下であれば割安感があると思います。

一方で、これらの指標は、誰でもすごに利用できますが、簡単であることが弱点でもあります。

そこで少し手間ではあるものの、他人に差をつける方法が必要です。


他人に差をつける隠れ知識とは?

その1つが企業の持つ不動産の含み益です。

不動産の簿価と、実際の路線価に基づく時価との差がケースがあります。

PBRは簿価ベースで計算されますので、パッとみて割安感がなくみえても、より実態に近い時価ベースでは割安な銘柄もあります。

例えば、百貨店の松屋は、銀座の土地が簿価250億円に対し、時価が1,500億円以上と、非常に大きな含み益があります。

このような簿価と時価の違いが大きい業種として、老舗の百貨店や不動産、電鉄などにみられます。

少し手間ですが、土地を多く持つ企業を路線価ベースで調べ、投資先を探すのも面白いと思います。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿