2015年1月21日水曜日

「割安株投資」と「成長株投資」は矛盾するのか?

 

割安株投資とは?

何を基準にするかによって、割安株投資の定義は異なります。

PBRが1を下回っていれば、資産面から株価は割安です。

PERが10を下回っていれば、収益面から株価は割安です。

割安株投資とは、こういったPBRやPERからみて株価が割安な銘柄を買い、株価が適正水準に戻るのを待つ投資方法です。

ただ、収益から割安の場合は、企業の利益は年々変わるので、業績の安定感も考慮すべきですが。


成長株投資とは?

利益が年々増加する成長株は、株価の上昇が期待できます。

反面、人気が集まりやすく、株価が騰がりすぎる傾向があります。

グリー・ガンホーなど期待が高かった一方で、期待ほど成長が続かない銘柄は、株価が大きく下落します。

成長株投資では、成長の限界の見極めが重要です。


成長株を割安に買おう!

「割安株投資」と「成長株投資」は、別々のものと言われることが多いです。

しかし、僕は、お互いに矛盾するものではないと思います。

成長力を含めた業績の推移に対し、割安な株価で買うことが何よりも大切です。

バフェット氏も、優良企業(安定した成長が期待できる銘柄)を安全余裕度(割安)を持って投資するとしています。

10年スパンで着実に成長が期待できる銘柄を割安に買うことが、株式投資で大きな果実を得る一番の近道です。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿