2015年3月18日水曜日

市場が10年間閉鎖されても持ち続けたい株式とは?

 

バフェット氏から学ぼう

当ブログの名称に「買い続ける」とあるように、株式の永久保有をめざしていますが、実は、そこそこ売買してしまいます。

反省すべきですね。、もっとも、優良企業を買って、永久保有という思いは、今も、決して忘れていません。

バフェット氏も10年間保有できる株式でないなら、一瞬でも保有するべからずと言っています。


10年間保有できる株とは?

長期保有銘柄に最も求められるは業績の安定感です。

そのために、まずは景気変動に影響されない内需株・生活必需株が該当します。

加えて、求められるは、高いブランド力を持つことです。

また、万が一に備えた財務面の安定感もあってほしいです。

こういった銘柄を、安全余裕度を持った割安な水準で買う必要があります。


具体的な銘柄とは?

日本株では、成長力を持ち、世界に通用する高いブランド力を持った内需株は少ないです。

これは、少子高齢化により、内需株にとって、本拠地である日本での潜在成長力が非常に低いことが要因と考えられます。

あえて探すとすれば、花王やユニ・チャームですが、株価はちょっと割高でしょうか。

アメリカ株に目を向けると、コカ・コーラ、ペプシコ、P&G、J&Jなど多くのグローバル企業が該当します。

10年間保有を前提とするなら、残念ながら、日本株よりも、アメリカ株に注目すべきかもしれません。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿