2015年4月1日水曜日

新社会人に読んでほしい~20代で1,000万円を貯める方法♪

 

収入の範囲で生活する

社会人として働くようになると、給料を貰い、生活することになります。

人による金額の違いはありますが、大卒新入社員の平均で約19万円だそうです。

自分の力で、お金を稼ぐようになって、嬉しくて、パァーーと使ってしまいたい気持ちになるかもしれません。

しかし、まず何よりも大切なことは、収入の範囲で生活することです。

何事も初めが肝心で、自分に見合った生活をする習慣は、お金に関して守るべき最低限のルールです。


お金を貯めるには先取り貯金は必須

僕の経験から、お金を貯めるために、断然有効な方法が先取り貯金です。

恥ずかしながら、僕自身が社会人1年目の貯金はゼロでした。

そんな状況から、20代で1,000万円を貯めることができたのは、なんといっても先取り貯金のおかげです。

僕の場合、1年目の惨状を反省し、2年目以降は、毎月5万円、夏冬のボーナス時は各25万円を先取り貯金するようにしました。

残りの金額は毎月12~13万円でしたが、お金がないなりに何とかなるものです。

先取り貯金のお金で投資の元本を確保でき、さらに、結婚資金も貯めることができました。


余裕があれば投資にチャレンジ

投資は元本保証ではなく、人によって向き不向きが分かれます。

元本が減ることが絶対に嫌な人には勧められませんが、僕にとっては、これまでのところ、お金を増やす手助けをしてくれています。

そんな投資ですが、はじめるタイミングとしては、まずは100万円の貯金ができてからだと思います。

100万円を貯めることができれば、300万円、500万円と貯めていくことも難しくありません。

お金を貯める習慣が身についたタイミングで、少しずつ投資を始めればよいです。

僕は、ベトナム株から投資を始めましたが、その直後のリーマンショックで、一瞬にして投資額が半分以下になりました。

やはり、まずは手数料の低いインデックス投信の積立投資からはじめて、徐々に投資を勉強していけばよいと思います。

月1万円とか5千円とからから、少しずつ積立投資をはじめてはどうでしょうか。


最後に

お金を貯める習慣が身につけば、20代で1,000万円を貯めることも、決してハードルは高くありません。

逆に、お金を浪費する習慣が身についてしまうと、それを直すには、ものすごい労力と苦労が必要です。

何事も初めが肝心。良い習慣を身につけ、お金で苦労することのない人生を過ごしましょう。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

2 件のコメント:

  1. 先生こんにちはいつもブログ楽しみに拝見しています!これからも頑張って下さい

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      未熟ながら今後も頑張っていこうと思います。
      応援してくださったら嬉しいです。

      削除