2015年4月15日水曜日

夢の株主優待生活までのロードマップとは!?

 

最近、お茶の間で人気の桐谷氏。

そのおかげもあって株主優待を利用した生活が注目されています。

そこで、投資家の夢の1つでもある株主優待生活への道のりを妄想してみました。

※必要資金の前提は配当金+株主優待利回り4%で計算


第1段階→まずは株主優待を貰おう♪

株主優待生活への第一歩は、まずは何でも良いので株主優待を貰うことです。
クオカードやお米などを貰うと、あなたも、株主優待の魅惑にどっぷり嵌まるかもしれません。

<必要資金>5万円
・きょくとう(2300)5万8千円の投資で、クオカード1千円分
・TBK(7277)6万2千円の投資で、お米1.3kg分
・タカキタ(6325)3万5千円の投資で、クオカード500円分

第2段階→お米購入ゼロ

株主優待でも貰うと嬉しいものに、お米があります。
お米は生活必需品であることに加え、ずっしりとした重量感が魅力です。
小売業をはじめ、多くの銘柄で、お米を株主優待としている点も助かります。

<必要資金>約60万円
※お米1kg400円×年間消費60kg=2万4千円
・マックスバリュ東海(8198)17万円の投資で、お米8kg分
・フコク(5185)約11万7千円の投資で、お米2kg分

第3段階→月1回の外食を楽しむ

外食銘柄は、株主優待を実施しているところが多いです。
そして、たまに外食を楽しむことで、少しだけ贅沢な気持ちを味わえます。
株主優待投資に慣れてきたら、月1回の外食を楽しむことを目標にしてみたらどうでしょうか。

<必要資金>約150万円
※外食1回あたり5千円×12か月=6万円
・物語コーポレーション(3097)39万6千円の投資で、食事券5千円分
・SFPダイニング(3198)13万7千円の投資で、食事券8千円分

第4段階→食費・日用品購入ゼロ

株主優待で食品や日用品が貰える銘柄は多いです。
広告の視点もあるのか、自社商品を株主優待としている銘柄も多い気がします。
現実として、食品や日用品を全て株主優待で賄うのは無理かもしれませんが、計算上の金額を計算してみました。

<必要資金>約3,000万円
※(食費8万円・日用品2万円)×12か月=120万円
・新晃工業(6458)12万8千円の投資で、グルメギフト3千円分
・内外トランスライン(9384)22万4千円の投資で、日用品など2,500円分

第5段階→娯楽も優待で楽しむ

食費や日用品を株主優待で賄えると、ほぼ株主優待生活は完成です。
ただ、それに加えて、娯楽も株主優待で楽しんでみてはいかがでしょうか。
テーマパークや電車などの株主優待を貰える銘柄も多いです。

<必要資金>約3,500万円
※旅行1回10万円×年2回=20万円
・オリエンタルランド(4661)91万円の投資で、1デーパスポート

気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿