2015年6月3日水曜日

投資指標では測れない企業の価値に注目♪

 

1.投資銘柄を選ぶ一般的な方法

割安株を探す一般的な方法は、PBRやPERなど投資指標を参考にすることです。

四季報で探したり、証券会社HPでスクリーニングすれば便利ですね。

僕の場合は、PER10以下、配当利回り3%以上、自己資本比率50%以上などの条件でスクリーニングしています。


2.一般的な情報だけでは差がつかない

スクリーニングは簡単ですが、簡単すぎて他人と差がつきにくいです。

そこで、少し条件を緩めて検索し、候補を広げたうえで、他の項目も加味しながら絞り込む方法も有力です。

1つ1つの企業のビジネスモデルや財務諸表をみると、投資指標では分からなかったことがみえてきます。


3.投資指標では測れない企業価値

投資指標に表れないものとして、企業のブランド力があります。

日本企業でいえば、味の素やヤクルトなど、日本人なら子供でも知っているブランドを持つものもあります。

これらのブランド力は、一般的に財務諸表では資産に計上されておらず、見落としやすいものです。

強いブランド力は、業績を安定させる効果があり、さらに無形資産とみなせばPBRを下げる側面があります。

一方、日本の会計制度では、のれんは企業買収時に計上されます。

買収金額>買収先企業の純資産の場合、差額がのれんとして計上され、20年以内に償却が求められます。

そのため、のれんを計上した企業は、実際の現金収支には関係なく、会計上の利益が押し下げられて見えるのです。

こういった点も、単に投資指標でスクリーニングするだけでは分からない盲点です。

なお、国際会計基準を採用している企業は、定期的なのれんの償却は必要ないので、その点も注意が必要です。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿