2015年6月7日日曜日

集中投資 VS 分散投資。最適な保有銘柄数はいくつ?

 

1.集中投資のメリット

自分が自信を持つ、少数の銘柄に絞って投資するスタイルです。

集中投資のスタイルで有名なのはバフェット氏です。

コカ・コーラやワシントンポストなど、少ない銘柄数に集中して投資することで、巨万の富を築き上げました。

この投資方法のメリットは、分散投資に比べ、大きなリターンが期待できることです。

また、本当に自信がある銘柄だけに選抜して投資をできるのもメリットです。


2.分散投資のメリット

保有銘柄を10~20以上に分散させ、投資するスタイルです。

投資でよく言われるのは、時間と対象を分散させ、リスクを抑えるということです。

この投資方法のメリットは、保有銘柄が多いことで、そのうち1銘柄が見込み違いでも、資産全体に与えるダメージが小さいことです。

また、株主優待を目的に投資をしている場合は、最低投資単位で投資した方が、優待利回りが高まるので、自然と分散投資になりやすいです。


3.最適な保有銘柄数はあるのか

人によって違うというのが、正直な答えですが、おススメしない銘柄数はあります。

たとえば、1銘柄に全力投球すると、成功時のリターンは大きいですが、あまりにリスクが高いです。

世の中、何があるか分かりませんので、その銘柄が致命的な不祥事を起こし、株価が一気に暴落することも多々あります。

一方で、保有銘柄数を増やす過ぎても、1つ1つの銘柄のチェックが甘くなり、リターンにつながらない可能性が高まります。

結論として、人によって違うものの、5~20程度が最適な保有銘柄数だと思います。

僕の場合は、株主優待を目的に投資をしているので、保有銘柄数は20よりも多くて仕方がないと思っています。

その代り、保有金額でメリハリをつけた投資スタイルをめざしたいです。

投資資金が少なくても、まだ、実践できていませんが、将来的にはみきまる氏のような投資スタイルが目標です。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿