2015年9月2日水曜日

ディフェンシブ株で守備固め。食品株や通信株で株価変動を気にせず手堅く投資♪

 

■ チャイナショックで再注目

中国を震源としたチャイナショックにより、相場は本当にジェットコースターのような激しい展開です。

僕も1日で80万円の損失が出るなど、振り回されっぱなしでした。

そんな中で注目なのが、業績や値動きが比較的安定したディフェンシブ株です。

下値不安を避け、安定運用したい方に向いています。


■ どのような銘柄が該当するの?

ディフェンシブ株に該当するのは、食品、通信、鉄道、日用品などの銘柄です。

いずれも人々の生活に必須の商品やサービスを扱っているため、業績の安定感が高いです。

また、株価の変動が少ない点では、高配当株や株主優待株もディフェンシブな一面を持っています。

一方、自動車など耐久消費財を扱う銘柄は、業績が景気によって影響されやすくディフェンシブ株に該当しません。

だって、不景気でリストラされるかもしれないのに、新たに車を買おうと思わないですから。


■ 投資する際の注意点

ディフェンシブ株は、国内中心にビジネスを展開している銘柄が多いです。

そのため、少子高齢化の影響が気になります。

P&Gやペプシコなどの海外銘柄もありますが、こちらは、為替変動の影響が気になります。

国内株ながら海外展開が進んでいるディフェンシブ株として、たしかに、花王やピジョンなどがあります。

しかし、そういった銘柄は少ないためか、株価に割安感はないです。

ディフェンシブ株であっても割高で買ってしまうと、本末転倒なので要注意です。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

2 件のコメント:

  1. きびなごさん、こんばんは。

    おっしゃるとおり、内需株が必ずしもディフェンシブかというと、そうでもないですが、
    守備力(株価の下げにくさ)という点では、
    自分は配当利回りの高さが結構効いている気がします。

    インカムゲインなのだから「売ってはいけない」という心理的な抑制が、
    働くのではないかとおもいます。

    よって、高配当に加え、複数年ホルダーに優待特典をつける銘柄が増えると、
    長期投資家が増え、市況もより安定するのではないかと考えています。

    返信削除
    返信
    1. fhiyoshi様

      いつもありがとうございます!
      高配当株や株主優待株は、ディフェンシブ面で優れていますね。
      注意すべきは、配当減額や優待廃止にならないような銘柄を選ぶことでしょうか。

      削除