2015年9月6日日曜日

外国債券は高金利だけど、額面どおりに受け取れない。

 

■ 高金利が魅力にみえる

ブラジルレアルや豪ドルなど外国債券は高金利です。

なかには、金利5%を超えるものも珍しくないです。

国内債券を見慣れてしまうと思わず魅力的に思えます。

だって、国内は歴史的な低金利で、1%未満が当たり前ですから。


■ 為替変動に要注意

高金利に目が眩み、外国債券に飛びつくと痛い目にあうことがあります。

理由は為替で、いくら高金利でも、為替がそれ以上に円高になると損ができます。

金利5%でも、為替は5%以上の変動なんて日常茶飯事です。

リーマンショック時は1ドル70円台が、今や1ドル120円ですから。


■ 高金利通貨は高インフレが多い

金利は、インフレ率と実質金利で決まります。

高金利国の多くは、たいていが高インフレです。

為替は長期的には購買力平価で決まるので、高インフレ通貨は下落しやすいです。

外国債券に投資して、高金利によるリターンを期待しても、思うようにいかない一因はここにあります。

少なくても為替リスクを知ったうえで、外国債券を買うことが重要だと思います。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿