2015年10月12日月曜日

日本郵政グループ3社が新規上場するも当分は様子見。上場後の業績を見極めてからでも遅くないと思う。

 

■ 時価総額は約14兆円

大注目の郵政グループ3社が、11月4日に新規上場しますね。

3社合計の時価総額は約14兆円と、NTTや三菱UFJFGを上回る規模です。

各社とも10~20万円台で購入でき、お手軽感が良いですね~。

また、配当利回りも2~3%台で、将来的には更に積極的な株主還元を進める見込みだそうです。


■ メリットだけではない?

一方で、当然にしてデメリットもあります。

1つ目が業績が決して順風満帆ではないことです。

稼ぎ頭の金融事業は、国債運用益に頼っており、低金利の煽りもあり減益見込み。

3年後も、運用収益は回復しない見込みと残念な状況です。


2つ目のデメリットは、政治介入が想定されるなど事業環境が不透明なことです。

改正郵政民営化法では全国一律サービスの維持が求めれれ、毎年1兆円近くを負担しています。

さらに、強力な政治団体である全国郵便局長会の存在もあり、政治介入の可能性が、不透明感を嫌う投資家からみると大きなマイナス要因です。


■ 投資の可否は?

新規上場時には様子見し、状況を見極めた上で、セカンダリー投資で狙うスタンスです。

3社のうち金融子会社2社は、メガバンクと比べると特に投資したくなる動機づけがないです。

気になるのは日本郵便を抱える日本郵政。

トータル生活サポート企業を目指すということで、高齢者向け見守りサービスを展開するなど、その方向性は良いと思います。

郵便局だけにしかない強みを活かし、人々の生活に必要不可欠なサービスを提供する。

あわせて、ドイツポストのように海外を含めた総合物流企業に脱却する。

そうなれば、ぜひ投資をしたいですが、残念ながら現時点では、日本郵便は赤字。

同じ官業だったJTのように生まれ変われるか見守った上で、投資するか判断することにします。

もし、魅力的な株主優待が新設されたら、すぐに買ってしまうかも。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿