2015年10月18日日曜日

長期的には債券よりも、株式の方が投資先として有利!

 

■ 株式の方が変動幅が大きい

債券は金利動向や投資先の信用動向によって価格が変動します。

しかし、変動幅は一般的には小さく、満期まで保有すれば、満額償還されます。

一方、株式は、日々株価が変動します。

短期間で半分になったり、2倍になったりが、当たり前のように起こる世界です。

債券に比べると、株式は変動幅が大きいです。


■ 株式が有利だと思う理由

人々は不透明感があるものへの投資を嫌がるものです。

そして、損をする可能性があるものを避けたがる傾向があります。

心理学でいう「プロスペクト理論」です。

そのため、債券に比べ株式への投資を避ける傾向があり、より高いリターンが期待できないと手を出しません。

一般的に株式の期待リターンは約8%と言われ、債券よりも高いです。

株価の変動によって短期的には変動幅は大きいですが、長い目で見ると、株式の方が投資先として有利だと思います。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

2 件のコメント:

  1. きびなごさん、はじめまして!スノーボールと申します。つい最近bloggerブログを始めたばかりです。

    長期なら株式のリターンは安定するというのはデータでも証明されているようですね。

    さらに国際的に広範囲に分散されたポートフォリオの場合、リスクもかなり軽減されるのではないかと思います。

    きびなごさんの自己紹介の株中毒という言葉には強く共感しました。私も重度の株中毒だと思います(笑)


    返信削除
    返信
    1. スノーボール様

      コメントありがとうございます。
      株主優待は、皆が株価変動を嫌がることから、リターンが高くないと、わざわざ誰もしないと思います。
      データでも証明されているとしたら、心強いです。
      僕は、株式投資にハマりすぎて、時間をかけすぎるので気を付けているのですが、やっぱりやめられない重度な株中毒です。
      これからもよろしくお願いします。

      削除