2015年12月10日木曜日

株価暴落時には損をしても当たり前。バフェット銘柄ですがら大幅安になるのですから。

 

■ 暴落時にパニックにならない

中国発の世界同時株安など、株価の暴落があると慌てるものです。

1日に自分の給料の1ヵ月分の給料が下がることもあります。

そんな時に大切なことは慌てないことです。

暴落時の最中に株を売り切ってしまうのは最悪のパターンです。


■ バフェット銘柄すら大幅安なので安心して

パニックになるなと言われても、損失が膨らむと焦るものです。

しかし、暴落時に損をするのは、市場に参加している全員が一緒です。

もちろん、世界一の投資家と言われるバフェット氏すら同じです。

チャイナショック時には、バフェット銘柄ですら、1日で大きく下落しています。

・ウェルズ・ファーゴ(WFC) 54ドル→48ドル
・コカ・コーラ(KO) 40ドル→36.5ドル
・アイ・ビー・エム(IBM) 150ドル→143ドル
・アメリカン・エクスプレス(AXP) 77ドル→72ドル

バフェット氏ですら、こんなに損をするのなら、僕が損をするのは当たり前です。

逆に、これだけ損をしても、何兆円もの資産を保有する世界一の投資家になれるのです。

暴落時に損をするのは当たり前。焦らず落ち着いて行動することが、投資で成功するために必要不可欠な能力の1つだと思います。



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿