2016年1月31日日曜日

日水製薬、株主優待を拡充。100株以上も株主優待の対象となったので、13万円台の投資でクオカードが貰えます♪

 

「日水製薬(4550)」が、株主優待を拡充しました。
従来の1/5の100株以上でも、クオカードが貰えるようになりました。
クオカードは、コンビニやファミレスで利用でき、使い勝手が抜群です。
業績の安定感が高い医薬品銘柄で、配当利回りも約3%あり、魅力的ですね~。
もっとも、業績面は見かけは順調のようにみえるも、やや不安は残ります。

【 株主優待内容 】

■変更前(3月のみ)
・500株以上で、自社製品3,000円相当から選択
・1,000株以上で、自社製品10,000円相当から選択

■変更後(3月、9月の年2回)
・100株以上で、クオカード500円相当
・500株以上で、自社製品3,000円相当から選択
・1,000株以上で、自社製品10,000円相当から選択

■3月、9月権利確定銘柄
■最低投資額134,400円(100株・平成28年1月29日時点)

<日水製薬(4550)>株主優待制度の拡充に関するお知らせ

【 企業概要 】
・診断薬と医薬事業(大衆薬・健康食品)が2本柱。
・日本水産子会社。


【 きびなごの格付け 】 C
〔A~Eの5段階評価で、Aが最高・Cが普通・Eが最低〕
・業績安定度:C
・財務安定度:A
・配当利回り:C
・割安感:C

【 投資指標からの分析 】
自己資本比率は9割台で、有利子負債ゼロと、財務面は盤石です。
現在の株価は、PBRが1を下回り、資産面から割安感があります。
配当利回りは約3%で、株主優待とあわせると、なかなか魅力的です。

【 業績からの分析 】
業績は、ここ数年は、安定的に推移しています。
医薬品銘柄は、景気変動の影響が少なく、業績の安定感が高いのが魅力です。
ただし、前期の業績は、臨床検査薬が売上の半分を占めますが、大口顧客の流出で、本業は苦戦気味です。
財務面が盤石のため、資産運用による効果もありますが、本業の推移を重視して見守りたいです。
2016年3月期は、会社予想で、前期比で営業利益は約1割の増益見込みです。


【基礎情報】2016年1月29日時点
日水製薬(4550)
・株価 1,344円
・PBR 0.99
・PER 12.12
・自己資本比率 91.6%【有利子負債ゼロ】
・配当利回り 2.98%
・最低投資額 134,400円


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・日本株 保有株一覧♪
・株主優待 到着しました(*´∀`*)♪
・株主優待 新設・変更情報はこちらです♪
・株主優待 おすすめ銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 お米銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 金券銘柄一覧をまとめました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・The Goal 新ブログ
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿