2016年1月11日月曜日

株式投資における勝負の分かれ目。相場低迷時の対応とは?

 

■ 投資成績に差がつくポイント

アベノミクス以降の株高にあわせて投資を始めた人も多いと思います。

こういった好相場の時は、プロであれ、素人であれ、誰でも利益を得れます。

おかげさまで、僕の投資成績もプラスになっています。

一方で、投資成績に大きな差がつくのは、株価低迷時です。

日経平均が1万円を下回る時の対応こそが、大きな差につながるチャンスでもあります。


■ 相場低迷時に最悪の行動

株式投資では、現物株しか投資をしていなくても、資産が1/2になるなんて当たり前に起きます。

株価の暴落時に、最悪な行動は、慌てて保有株を全部売ってしまい、大損した上で投資から引退することです。

売ったタイミングが底値だったというのは、よくあることです。

そうならないように、普段から、資産が半分以下になることも十分にあると認識しておくべきです。


■ 難しいのは買い増しするペース

相場低迷時こそ、歯を食いしばって買い増しすべし。

当然、そうなんですが、実は、買い増しするペースが非常に難しいです。

僕は、リーマンショック時には、株価がドンドン下落するのをみて、テンションが上がり、ドンドン買い増ししました。

ところが、日経平均1万円を下回っても、更に下落を続け、途中で現金が枯渇。

一番下がった時に買えず、チャンスを逃すばかりか、含み損を抱えてドッキドキで過ごす羽目になりました。

結論を言うと、株価の底が分からない中で、底値で買おうという意識はあまり持たず、下落相場時に2~3年程度の期間をイメージして、買い増すべきと思います。


■ サラリーマンならではの強み

株式投資とサラリーマンは相性が良いともいます。

それは、投資以外に収入があり、気持ちに余裕を持って投資ができるからです。

株価低迷時には、慌てずに落ち着いてゆっくり動くことが大切です。

サラリーマンは、会社から給料が貰えるので、仮に、投資で失敗しても食べていくのには困りません。

安心して腰をすえて株式投資に取り組むことができます。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿