2016年2月28日日曜日

景気敏感株(シクリカル株)への投資が難しい3つの理由。自動車、素材、資源銘柄などの投資で注意すべきこと。

 

■ 投資指標が役に立たない

株価は業績に連動するので、投資指標の王様はPERです。

しかし、景気敏感株への投資では、このPERは役に立たないのです。

★景気悪化にともない株価が下落している時
普通に考えると、こんな時こそ、株の買い時のはずです。
しかし、景気敏感株の業績はすご~く悪化するので、利益ゼロか赤字に陥り、PERでは割高にみえてしまします。

★景気回復にともない株価が上昇している時
株の高値掴みに注意が必要な時です。
景気敏感株にとって絶好の売り時のはずですが・・・
業績好調により、PER一桁で放置される銘柄も多く、一見すると割安にみえます。
しかし、ここで景気敏感株に投資し、その後、再び景気悪化がはじまると、業績悪化が急激に悪化し、株価も暴落する悲惨な目に陥ります。

このように、PERをみて投資タイミングをはかるには、景気敏感株の場合は上手くいかないことが多いと思います。


■ 株価の変動幅が大きい

景気敏感株は、業績変動が大きいので、当然、それにともなう株価の変動幅も大きくなりやすいです。

このジェットコースターに乗っている感じの値動きは、投資家にとって精神的な負担になります。

上手く流れをとらえることができれば、大きな利益を得ることができますが・・・

多くの場合は、株価の動きに翻弄されるのがオチでしょう。


■ 株価の回復時期が分からない

景気がいつ回復するのか、株価の底がどこなのか、誰にも分からないものです。

もしかしたら、数年先なのかもしれません。

株価の底がいつになるか分からない中で、株価が下がり続けるのは精神的にも辛いです。

高配当株や株主優待株なら、それを楽しみに保有できますが・・・

また、業績が安定しやすい内需株なら、そこまで株価は下がらないでしょうが・・・

景気悪化時に大きく株価が下がる景気敏感株では、とにかく真っ暗闇のトンネルで耐えねばばりません。

途中で投げ出さない人は、よっぽど精神的にタフでないと無理だと思います。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・毎年100万円を着実に貯める方法♪
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

2 件のコメント:

  1. 初めまして。色々と巡っていたらここに辿りつきました。
    現在投資を始めようとしているサラリーマンです。
    大変参考になる記事が多く、今後もお邪魔させて頂きます!

    返信削除
    返信
    1. もっそ様

      コメントありがとうございます。
      少しでも皆さんのお役に立てる記事を書けるよう頑張っていきたいです。
      これからも応援いただきましたら嬉しいです。

      削除