2016年8月10日水曜日

主要投資先に対する、現在の投資スタンスまとめ 〔2016年8月〕

 

僕は、配当金や株主優待を目的に、長期的な視点で投資をしています。
今回は、そのような投資スタイルを前提に、国内株式、外国株式、国内不動産など、主要な投資先ごとに現在の投資スタンスをまとめてみました。


■ 国内株式
日本株は、製造業などが主要で、世界経済の影響を非常に大きく受けます。
現在は、アベノミクスから3年が経過し、そろそろ息切れも意識した方がよい時だと思います。
そこで、最近は、株価が景気変動の影響を受けにくい、内需系の連続増配銘柄に注目して投資をしています。


■ 国内債券
低金利の時代には魅力を感じにくいアセットです。
しかし、リスク管理の点から、国内債券への投資配分は、非常に重要です。
先行きが不透明な時は、このアセットを高めましょう。
ちなみに、国内債券というと国債・社債のイメージですが、機動性も重視して約1~3年程度の定期預金で十分だと思います。


■ 外国株式
僕は、外国株式ではアメリカ株に投資をしています。
コカ・コーラやペプシコなどぶろーばるビジネスを展開することで、世界経済の成長による果実を受け取れます。
為替が1ドル100円台を切るなど円高が進み、一時よりはアメリカ株への投資環境は良くなりましたが・・・
一方で、NYダウは史上最高値を更新するなど、株価水準は高めで、現在はそれほど魅力はない状況です。
このアセットは、しばらく様子見の予定です。


■ 外国債券
一見すると高金利で魅力的にみえるアセットです。
しかし、高金利通貨は、インフレ率が上乗せされているだけが多く、そういった通貨は、為替が下落しやすいものです。

〔名目金利〕 = 〔実質金利〕 + 〔インフレ率〕

金利による収入があっても、為替の変動に翻弄されたら意味がないです。
現時点では、外国債券は、僕の考えにあわないので、投資予定はないです。


■ 国内不動産
不動産の投資は、実物ではなく、REITを前提としていますが、現在はアベノミクスにより不動産価格は高騰している状況です。
REITの分配金利回りは現在でも約3%ありますが・・・
人口減少が進む国内不動産には今の水準では投資する気になりません。
もし、今後、リーマンショック時のように、分配金利回りが5%超になることがあれば、再び投資を考えたいアセットです。


■ 外国不動産
今まで投資したことのないですが、興味があるアセットです。
現在は、金融緩和により世界的にお金余りの状況で、不動産価格も上がっている状況かな~と感じます。
REITでは、アメリカやオーストラリアなどが東証に上場しているようなので、今後勉強しながらチャンスがあれば投資したいです。



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿