2016年8月28日日曜日

過去30年間の東証株価指数から、投資タイミングを探る!

 

■ 株式市場⇒暴落と高騰の歴史

歴史は繰り返すと言われるように、株式市場も暴落と高騰を繰り返してきました。

それなら、暴落した時に株を買って、高騰した時に売れば、大儲けできるじゃないかと思うかもしれません。
しかし、現実はなかなか上手くいかないものです。

理由は、過去の株価の推移よりも、誰しもが、ついつい目先の株価の動きに目を奪われがちだからです。
そのため、時々は、過去を振り返ってみることが大切になるのです。


■ 過去30年の東証株価指数の推移

今回は、バブル景気に沸いた1980年代から、過去30年間の東証株価指数の推移を振り返りたいと思います。


見ていただいて分かるように、バブル景気の頃の株価は別格だとしても、その後も5年ほどのスパンで、高騰と下落を繰り返しています。
現在は、アベノミクスにより、2013年頃から株価が上昇した後に、ちょっとした足踏み状況にあります。

約5年間のスパンで考えると、そろそろ株価も息切れする可能性もありそうです。
また、すでに、アベノミクスのピークからは約2割ほど株価は下落していますが、過去の最安値と比べると、更に半値近くになるリスクもある水準です。


■ 客観的に株式市場を見つめよう!

株価がどのように動くかは、未来のことは、誰にも分からないものです。
しかし、過去の株価推移をチャックすると、今の株価水準がどのあたりにあるか、確認することができます。

「どちらかと言えば、高値圏にあるので、ちょっと気をつけよう」
「まだまだ株価は低い水準なので買いの好機だ」

こうした意識を持つだけで、普通の人よりも高いリスク管理の意識を持てます。

過去の株価の株価の推移を確認することで、株式市場を今までよりも客観手にみつめることができると思います。



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿