2016年8月17日水曜日

小売・外食銘柄は、成長の限界に注意せよ。理想的な投資タイミングはいつなのか?

 

■ 成長エンジンは2つ!

小売・外食銘柄の成長エンジンは2つあります。

1つは、既存店売上の増加です。
毎月、月次売上高を公表している銘柄も多いですが、前年比でプラスであれば好業績が期待できます。

もう1つは、新規出店による売上増加です。
出店数から退店数を除いた店舗の純増が大きければ、売上増加が期待できます。
ただし、CFのマイナスが続くような、財務体力を無視した出店は、償却費用の急増で、業績急落が起こる場合もあります。


■ 規模が大きすぎると旬は過ぎている・・・

投資先として小売・外食銘柄をみる際、規模が大きければ良いわけではないです。
はじめは、マクドナルド、すき家などに注目しがちですが、成長性という点からの評価は厳しい銘柄です。

人口減少が続く日本では、ずっと既存店売上が増加する期待は持ちにくいです。
日本人は、結構、新しいもの好きのミーハーな側面もあることも、既存店にとってマイナス要因です。
四季がある日本では定期的な変化が求められるのかも・・・

僕が思うに、日本の小売・外食銘柄では、新規出店による成長比重が大きいです。
そうなると、全国制覇が終わっているマクドなどの成長性は厳しいです。
一般的に、日本では、同一業態では1,000店舗を超えるところに成長の壁があると言われています。


■ 理想的な投資タイミングとは?

小売・外食銘柄では、ビジネスモデルを確立しているものの、まだまだ出店余地が十分にある頃が投資妙味があることが多いです。
たとえば、東海とか近畿とか、一定地域の地盤を固めたタイミングでしょうか。

成功モデルかどうか、既存店売上で判断できますが、ひとつの成功モデルがあれば、国内なら、どこにいっても成功できる期待が持てます。
こういったl小売・外食銘柄を割安に仕込めれば、テンバーガー(10倍株)も夢ではなくなります。




気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿