2016年8月3日水曜日

減配実績のある銘柄は、配当金目的の投資に向かない!

 

■ 配当金目的の投資⇒長期投資

配当金を目的とした投資は、1年で3%ほどのリターンを求めるものです。
そのため、短期間でお金を増やすのには向かず、どうしても長期投資になります。

たとえ、1年に3%であっても、10年あれば30%、30年なら約2倍にお金を増やすことができ、何もしていない人と大きな差がつきます。
毎年、着実に配当金3%が入ってくる安心感も、大きな長所であります。


■ 長期投資だからこその注意点

長期投資をしていると、好景気の時も、不景気の時もあります。

不景気にあると、業績が悪化する企業も多いものです。
配当金の原資は、企業の稼ぐ利益ですので、なかには残念ながら減配してしまう企業もあります。

配当金を目的とした投資は、毎年、少しずつ着実にお金を増やす投資手法です。
減配してしまう銘柄に投資すると、大きなブレーキになります。
長期で安定して配当金を貰うためには、減配実績のある銘柄は避けるのが必須だと思います。

減配の可能性を確認する簡単な方法は、リーマンショック時の配当金実績を確認することです。
トヨタ自動車や三菱商事など、日本を代表するような企業も、意外と減配している銘柄もあるので要注意です。



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿