2016年8月31日水曜日

ユニクロすら大失速するように、成長株の発掘は難しいけど、3打数1安打でも十分だ!

 

■ ユニクロが大失速・・・

ユニクロを運営する「ファーストリテイリング(9983)」は、今期の業績見込みが前年比で59%の減益だそうです。
「しまむら」などとの競争激化で、国内販売が低迷したようです。

ファーストリテイリングといえば、国内を代表する優良銘柄です。
日経平均株価に、大きな影響を与える銘柄として有名でもあります。
そんな日本を代表する成長株すら躓いてしまうなんて、成長株を発掘するのは本当に難しいものです。


■ 成長株を正確に見極めるのは無理

企業の将来業績は、過去の業績推移をベースに考えます。
それに、ビジネスモデルや環境を考慮して、予測するものです。

しかし、将来業績を正確に見極まるのは無理があります。
たとえば、先日、台湾企業に身売りされたシャープも、優良銘柄と思われていた時もありました。
液晶のシャープ、世界の亀山モデルなんて、もてはやされていました。

たしかに、液晶は競争の激しい業界ですが・・・
当時は、まさか経営が立ち行かなくなり身売りするなんて、想像できませんした。


■ 投資先に外れ銘柄があってもよい

業績を正確に予想できないので、当然、投資先に予想外の結果になる銘柄もでてくるものです。
しかし、失敗銘柄がでるのは仕方がなく、大きな問題ではないです。

たとえば、A、B、C株の3銘柄に投資をしたとします。
1年後に、A株⇒2倍、B株とC株⇒半分になったとします。
この場合、投資銘柄のうち、2/3が半分に下がったら、損をしたように思われますが、実際には損益はプラスマイナスゼロです。

絶対に失敗できないと思うと、なかなか投資に踏み切れないし、投資後も心配ばかりすることになります。
たとえ、3打数1安打でも損はしないという気持ちで臨むことも大事と思います。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿