2016年10月16日日曜日

株式投資で最も難しい売買タイミング。時間も分散して投資すると後悔が少ない!

 

■ 売った後に後悔することばかり・・・

株式投資の売買タイミングは本当に難しいものです。
含み益ができたので利益確定しても、その後に株価が上がり続けることも、しばしばあります。
反対に、今が株価の底だと思って買っても、さらにズルズルと株価が下がることも珍しくありません。

僕も、売買タイミングは失敗だらけです。
たとえば、トランコムの株主優待が廃止されたタイミングで売却・・・
ところが、その後も業績の成長が続き、株価も5倍以上に上がってしまい、売却したことを悔やみました。


■ 売買タイミングを見極める方法は?

今後、株価が上がるか、下がるかは、誰にも分かりません。
株価のピークだと思って売却しても、もしかしたら、さらに上がるかもしれません。

残念ながら、売買タイミングを見極める方法はないのです。
そうであるなら、できだけベターを目指すのが良いと思います。
具体的には、利益や損失を平準化できるよう売買することが、後悔が少ないです。


■ 売買時期を分散しよう!

時間を分散して売買すると、心にも余裕が生まれやすく後悔が少ないです。

たとえば、株価1,000円のA株300株を買いたいとします。
まずは、1,000円で100株を買います。

その後、株価が1,200円に上がると、追加で買う分は単価が上がりますが、最初に買った100株は含み益になり心に余裕ができます。
場合によっては、最初の100株だけで満足し、追加買いしない選択肢も有りです。

逆に、株価が800円に下がったとします。
最初の100株は含み損でガッカリですが、追加で安く買うチャンスでもあります。
きちんと銘柄分析ができれば、そのうち株価は上がるので、株価1,000円で一括で買った場合より、大きく儲けることができます。

このように絶好のタイミングで買えなくても、時間を分散して買えば、ベターな結果を得ることができます。
銘柄だけでなく、時間の分散も、投資においては重要な要素なのです。



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿