2016年11月22日火曜日

株価予想に振り回されない。トランプ相場から学んだこと!

 

■ トランプ大統領なら株安、円高?

アメリカ大統領選挙の結果は、世界中の株式市場に大きな影響を与えました。

選挙前は、クリントン氏が勝つと株高、トランプ氏が勝つと株安になるという見方が大勢でした。
トランプ氏は、政策が過激すぎて、良いも悪いも、どのような変化が起こるか予測不可能な部分があります。
一方で、クリントン氏は、現オバマ政権の政策を引き継ぐ姿勢ですので、何が起こるか予測しやすいです。

株式市場は、予測不可能な不透明感を、最も嫌うものです。
そのため、トランプ氏が勝つと、株価が下がると見られていました。
同時に、為替相場についても、安全通貨である円が買われる要因になり、円高が進むと思われていました。

実際に、トランプ氏が優勢という選挙速報中の日経平均は1千円近く下落し、為替相場も1ドル100円を切りそうなくらい円高が進みました。

トランプショックで株価が大暴落。アメリカ大統領選挙の結果で、株式市場も為替相場も大混乱!

【選挙当日までの日経平均株価】

【選挙当日までの為替相場】


■ 実際にはトランプ祭りで大暴騰

ところが、選挙開票日のアメリカ市場が開く頃になると、株価は急反発します。
同時に、為替相場も急激に円安の流れになりました。

その後も、アメリカ株のダウ平均株価は連日上昇を続けて、ついには、史上最高値を更新までします。
日経平均株価も、円安の流れも追い風に、今年2月以来の18,000円台を回復するなど、被災ぶりに株価は好調です。

【選挙後の日経平均株価】

【選挙後の為替相場】

株式市場が、トランプ氏の大減税、インフラ投資の政策を好感したとみられます。
もちろん、まだトランプ大統領は就任もしておらず、就任後も、好調な株式市場の流れが継続するとは限りませんが・・・
これまでのところは、市場関係者のほとんどが、選挙前に、予想すらしなかった展開だと思います。

【Market Hack】 トランプ大統領で、株はなぜ上がったのか?


■ 株価予想に振り回されない投資をしよう

たしかに、過激さを抑えたトランプ氏の勝利演説で、株式市場の警戒感が緩み、流れが大きく変わったところはあります。
でも、これを事前に予想しておくのは無理があります。

結局、株価が上がるか、株価が下がるか、誰にも分らないものなので、何があっても対応できる投資をすることが大切です。
振り返ってみても、ITバブル崩壊やリーマンショックなど、株式市場は何が起こるか分からないものです。

リーマンショックの株価の動きから、株価暴落時の対応を学ぶ。
リーマンショック時の為替の動きを振り返ろう。当時と今の為替相場に違いはあるのか?

僕は、配当金を目的にした投資をしており、株価ではなく、受け取る配当金額を重視しています。
配当金額は、株価よりも安定感があるので、あまり株価が気にならないものです。
株式投資では色んな投資スタイルがありますが、株価予想に振り回されない投資をすることが大切だと思います。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿