2017年5月17日水曜日

バフェット氏の忍耐は6年間?業績不振株の見極めにかけるべき時間とは!?

 

■ バフェット氏がIBM株を売却する!

世界一の投資家バフェット氏がIBM株の一部を売却していたニュースは大きな話題となりました。
IBM株は、バフェット氏が初めて投資したIT株でしたが、想定以下の業績にしびれが切れたようです。

IBM株は、バフェット氏の保有株として有名でした。
僕も連続増配の高配当株として注目してきましたし、日本でもIBM株の保有する個人投資家は多かったと思います。
それだけに今回のバフェット氏による売却ニュースは大きなインパクトがありましたね~。

〔参考〕ウォーレン・バフェット氏の保有銘柄10選





■ 業績不振の見極めとは?

当初、投資した時に想定どおりに業績が推移しない銘柄は必ずあるものです。
このときに大切なのは、その業績不振が、一時的なものなのか、長期的なものなのか、見極めることです。

これは非常に難しいですが、投資成績を左右するものです。
たとえば、外食銘柄の多くは、毎月、既存店売上高を公表しています。
それが数か月連続で悪い数値が続いた場合に、間もなく回復するものなのか、競争力の根底に関わるものなのか、判断が求められます。


■ 業績不振株の見極めにかけるべき時間とは?

ただ、業績不振の要因を見極めるのは難しいものです。
そこで、ちょっと業績が悪いからといっても、いきなり全保有株を売却するなど、極端な対応は後悔することもあります。
今回、バフェット氏も、IBM株を売却したのは三分の一程度だそうです。

また、バフェット氏は、初めてIBM株に投資してから、今回の売却まで約6年間もかけています。
株式投資で成功するには、忍耐することも重要な要素の1つです。
時間をかけながら、その時の評価にあわせて、少しずつ保有高を調整するのがよいのかもしれません。

〔参考〕バフェットの名言7選。株価下落の今だからこそ思い出したい。



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿