2017年6月7日水曜日

実はすでに銀行預金はお金が減る時代は始まっている!?

 

■ 低金利でもとりあえず銀行預金?

日銀のマイナス金利導入から、早くも1年半くらいになります。
銀行預金も相変わらずの低金利です。
・みずほ銀行:定期(10年)⇒0.01%
・ジャパンネット銀行:定期(10年)⇒0.03%

でも、たとえ低金利であっても、とりあえず銀行預金にするという方も多いと思います。
タンス預金のための金庫が売れているなんてニュースもありますが、ごく一部の方だけなのかな~という気がします。

〔参考記事〕SBI債(SBIホールディングス社債)は、高金利で人気殺到。販売情報・メリット・デメリットまとめ!





■ 銀行預金はお金が減るとはどういうこと?

よくインフレになったら、現金の実質的な価値が下がるなんて聞きます。
たとえば、現金100円で、100円の牛乳を買う時に、インフレ率10%だったら、1年後には牛乳が110円になるので買えないです。

「預金金利<インフレ率」だと、実質的には現金の価値は下がるのです。
昨年の日本のインフレ率はマイナスだったようですが、今年はIMF推計によると約1%のプラスが見込まれています。
定期預金よりインフレ率が高いので、実質的に銀行預金のお金が減る時代は、始まりつつあるのかもしれません。

〔参考記事〕配当利回り3%超・高配当利回りが魅力の銀行株7選!



■ なにか対策すべきなのか?

銀行預金はお金が減るなら、どこか別にお金を移すべきか迷いそうです。
でも、金庫にタンス預金したり、投資にまわしたりするのも、それぞれ盗難や運用損などのリスクがあります。

もし、銀行預金から資産運用にお金を動かす場合でも、まずは少額ずつ運用を始めるのが鉄則です。
焦って金庫保管や運用しても、もっと多くのお金を失うリスクがあります。
銀行預金は、お金が目減りするリスクはあるものの、お金の保管料だと割り切り、焦らずじっくりお金をどうすべきか考えるべきと思います。

〔参考記事〕通勤電車はまるでお通夜みたいだ。配当金や株主優待で人生を好転させよう!



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング


0 件のコメント:

コメントを投稿