2018年4月19日木曜日

ブロンコビリーの株主優待が凄い。ステーキ・ハンバーグの食事券が年間4千円分も貰える!

 

「ブロンコビリー(3091)」は、ステーキ・ハンバーグを主力とする外食大手です。
関東・東海・近畿の各地で、約120店舗を運営しています。

このブロンコビリーですが、株主優待が魅力の1つです。
自社店舗で利用できる食事券が年間4千円分も貰えるので、お肉好きの方に最適な株主優待だと思います。

〔参考記事〕エコスの株主優待が凄い。定番のお米銘柄・年2回も貰える!





■ 株主優待の概要について

ブロンコビリーの株主優待では、100株保有・約38万円の投資で、食事券が年間4千円分が貰えます。
ランチメニューなら、カットステーキが約1千円からなので、株主優待だけで食事を楽しめそうです。

関東・東海・近畿以外は店舗がないので残念ですが、徐々に店舗数を増えているところです。
店舗数が増えて、さらに使い勝手が良くなれば、株主優待の人気もドンドン高まりそうですね~。

〔参考記事〕物語コーポレーションの株主優待が凄い。焼肉キングや丸源ラーメンで利用できる食事券5千円分が貰える!

★6月・12月権利確定銘柄
★最低投資額371,000円(100株・平成30年3月30日時点)




■ 業績からの分析について

ブロンコビリーの業績は、増収増益が続きましたが、直近では少し足踏み気味です。
また、株主還元にも積極的で、ここ5年間で、1株あたりの配当金は12.5円→24円と、約2倍に増配されています。


外食銘柄において注目すべきは、既存店売上高と出店余地です。
ブロンコビリーは、未進出の地域が多く残り、出店余地は十分にあります。

一方で、既存店売上高ですが、2017年は前半苦戦するも、後半は平日限定ランチの導入で盛り返しています。
この平日限定ランチでお店を気に入ってもらい、リピーターにつなげられるかが、今後の大きなポイントだと思います。

財務面では、自己資本比率は8割台、有利子負債ほぼゼロと、鉄壁の安定感を持ちます。
2018年12月期は、会社予想では、前年比で約2割の増益見込みです。

〔参考記事〕子どもが生まれたら、タカラトミー株を買おう。株主優待がお得すぎる3つの理由とは!?


【基礎情報】2018年3月30日時点
ブロンコビリー(3091)
・株価 3,710円
・PBR 3.65
・PER 27.96
・自己資本比率 84.0%
・配当利回り 0.65%
・最低投資額 371,000円


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・日本株 保有株一覧♪
・株主優待 到着しました(*´∀`*)♪
・株主優待 新設・変更情報はこちらです♪
・株主優待 おすすめ銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 お米銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 金券銘柄一覧をまとめました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・The Goal 新ブログ
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿