2018年6月13日水曜日

株価は、短期では人気投票だが、長期では業績に連動する!

 

■ベンジャミン・グレアム氏の投資格言だ!

ベンジャミン・グレアム氏は、世界一の投資家バフェット氏の師匠です。
また、バリュー投資の生みの親としても有名です。

「株式市場は短期では票数計算機だが、長期的には計量器だ」
これは、グレアム氏の投資格言ですが、株式投資の本質を、端的に表現されているな~と感じます。

〔参考〕毎月3万円の不労所得を株式から得るには、いくら元手がいるのか?





■ 短期的には株価は人気投票だ!

株価は、短期的には、需給環境に左右されます。
また、市場心理にも影響されことも多いです。

たとえば、リーマンショック時には、株価は大暴落しました。
当時は、誰もが先行きの不透明感、恐怖に襲われ、心理面の悪化から買い手が蒸発するように消え失せました。

一方で、期待の新技術など持つ企業は、人気が高まり、株価は急上昇することもあります。
今なら、AI、ロボットなど、いわゆるテーマ株と呼ばれるものです。
テーマ株は、株価が一方方向に上昇しすぎる傾向があり、しばらくして注目が下がると、本来の水準に落ち着くものです。

〔参考記事〕ノーマネーデー。お金を使わない日を設けて、投資元本を貯めよう!



■ 長期的には株価は業績に連動する!

短期的には、様々な動きをする株価ですが、長期的には業績に連動します。
もし、利益が毎年20%ずつ伸びている企業なら、数年から数十年の期間でみれば、業績に応じて株価は上がっているものです。

たとえば、アークランドサービスは、リーマンショック時にも増益を続けた成長企業です。
株式市場全体が暴落から回復する過程で、業績に応じて株価は大きく上がり、テンバーガー(10倍株)となっています。

また、株式市場全体でみても、世界経済の成長とともに、株価は上がってきました。
株式の平均リターンは、年間7%と言われます。

当たり前の話ですが、長期投資において銘柄を選ぶ場合は、業績の伸びに対し、株価が割安な銘柄を選ぶべきです。
いずれ株価は、業績に連動するものですから。

〔参考記事〕コツコツ積立投資でも、暴落があれば資産が半減するのは一瞬だ。投資するなら覚悟せよ!



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング


0 件のコメント:

コメントを投稿