2018年9月3日月曜日

黒谷が株主優待拡充。株式分割で従来の投資額半分で貰える!

 

「黒谷(3168)」は、銅の販売・回収企業です。
銅スクラップと船舶スクリュー向けの銅インゴットが主力で、美術品の鋳造も行っています。

この黒谷では、株主優待でクオカードが貰えます。
今回、株式分割2:1により、これまでの半分の投資額で株主優待が貰えるよう、拡充されました。

〔参考記事〕東邦アセチレンが株主優待新設。クオカードが貰える!





■ 株主優待の内容は?

黒谷の株主優待は、最小単元100株保有・約6万円の投資でクオカード500円分が貰えます。
クオカードは、コンビニなどで利用できるので、便利な金券です。
また、10万円以下で投資できるお手頃感が高評価です。

★3月権利確定銘柄
★最低投資額56,400円(100株・平成30年8月31日時点)

〔参考記事〕株主優待おすすめ銘柄10選 〔2018年版〕




■ 株主還元はどうなの?

アベノミクス以降、日本企業も株主還元に前向きな企業が増えています。
黒谷は、株主への利益還元が、経営の最重要目的だそうです。

今期は業績回復もあって、1株あたりの配当金は30円の見込みで、前期から2倍に増配される予定です。
業績が赤字だった時期も、配当金を継続していることから、やっぱり株主還元への意識は高いと思われます。

〔参考記事〕KDDIが凄い。株主優待・高配当・連続増配まとめ!



■ 業績からの分析は?

黒谷の業績は、ここ数年は、浮き沈みが激しい状況です。
短期的には、銅価格の動向など、金属市況に大きく左右されます。

ビジネスモデルとしては、スクラップを調達し、溶融・加工し、銅インゴットなどに加工して販売します。
銅価格が下落すると、当然、販売価格の下落で、業績にマイナスです。
加えて、スクラップも売り渋りが発生し、調達できる量が減ってしまい、さらに業績にダメージを与えます。

一方で、長い目で見たら、銅を含めて、資源には限りがあります。
そのため、リサイクル事業は、社会的に不可欠な存在であり、業績を後押ししてくれそうです。

財務面は、自己資本比率は約4割で、事業会社として一般的水準です。
平成30年8月期は、会社予想では、前年比で約1割の減益見込みです。

〔参考記事〕子どもが生まれたら、タカラトミー株を買おう。株主優待がお得すぎる3つの理由とは!?


【基礎情報】2018年8月31日時点
黒谷(3168)
・株価 564円
・PBR 0.97
・PER 9.40
・自己資本比率 47.0%
・配当利回り 2.66%
・最低投資額 56,400円



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・日本株 保有株一覧♪
・株主優待 到着しました(*´∀`*)♪
・株主優待 新設・変更情報はこちらです♪
・株主優待 おすすめ銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 お米銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 金券銘柄一覧をまとめました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・NightWalker's Investment Blog
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿