2018年9月7日金曜日

アイモバイルが株主優待新設。飲食店で使える「ふるなびポイント」が貰える!

 

「アイモバイル(6535)」は、広告配信ネットワーク大手です。
アフィリエイト・動画・インフィード広告に加え、最近は、ふるさと納税事業が成長しています。

今回、このアイモバイルが、株主優待を新設しました。
飲食店などで使える「ふるなびポイント」が貰えるそうで、魅力的な株主優待だと思います。

〔参考記事〕Casaの株主優待が凄い。優待新設でクオカードが貰える!





■ 株主優待の内容は?

アイモバイルの株主優待は、500株保有・約51万円の投資で、ふるなびポイント1万5千円相当が貰えます。
ふるなびポイントは、全国の提携飲食店178店舗で利用できます。
飛騨牛・松阪牛など、和食・フレンチ・中華など、幅広いジャンルの料理を楽しむことができそうです。

★7月権利確定銘柄
★最低投資額101,000円(100株・平成30年8月31日時点)

〔参考記事〕株主優待おすすめ銘柄10選 〔2018年版〕




■ 株主還元はどうなの?

アベノミクス以降、日本企業も株主還元に前向きな企業が増えています。
そんななかでも、現在、アイモバイルは無配です。

企業は、成長期⇒安定・成熟期と推移していくものです。
はじめの成長期では、事業への投資に注力し、徐々に安定期になると、配当金など株主還元などに推移していくものです。

アイモバイルは、現在は、事業の成長に資金を注いでいる状況です。
今後、安定期に推移していけば、配当金など、株主還元に舵を切ることが期待できそうです。

〔参考記事〕KDDIが凄い。株主優待・高配当・連続増配まとめ!



■ 業績からの分析は?

アイモバイルの業績は、基本的には増収増益が続いています。
動画広告、アフィリエイト、ふるさと納税のいずれもが、市場自体が拡大している成長分野です。
そんななかで、競争は激しいですが、業績は好調を維持しています。

財務面は、自己資本比率が約7割で、安定感が非常に高いです。
平成30年7月期は、会社予想では、前年比で微増益の見込みです。

〔参考記事〕ユナイテッド&コレクティブの株主優待が凄い。優待新設で食事券1万円分が貰える!


【基礎情報】2018年8月31日時点
アイモバイル (6535)
・株価 1,010円
・PBR 1.88
・PER 13.36
・自己資本比率 74.3%
・配当利回り 0%
・最低投資額 101,000円



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・日本株 保有株一覧♪
・株主優待 到着しました(*´∀`*)♪
・株主優待 新設・変更情報はこちらです♪
・株主優待 おすすめ銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 お米銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 金券銘柄一覧をまとめました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・The Goal 新ブログ
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿