2013年11月3日日曜日

日本株への投資はリスクなのか!?

年金基金は市場に大きな影響を与える大口投資家ですが、そんな年金基金が日本株への投資割合を減らしているそうです。

日本株の割合は1999年には33%であったのに対し、2013年には11%に低下しています。

年金基金の中には、日本株への投資を一切止めてしまったケースもあるそうです。


日本は少子高齢化や財政悪化というマイナス要因を抱え、将来が明るいとは言いづらい現状です。

一方で、新興国は成長著しく、今後も高い経済成長が期待できます。


それでは、新興国に投資すべきで、日本株に投資は止めるべきなのでしょうか。

僕はそうは思いません。

株価は人々の期待値によって決まるので、新興国の株式が割安とは限りません。

期待が高いと、その分、株価も高くなります。

国として成長率が劣っても、日本株が割安なケースということも十分考えられます。


投資においては、いかにリスクを避けるかが大切です。

日本の財政や貿易赤字をみても、それに対応できる準備をしておくことが大切です。

そういった意味で、日本株だけでなく、外国株にも投資することは重要です。

しかし、日本に生活の根拠がある以上、外国株だけに投資することもリスクにつながります。

上手くバランスをとって投資をすることが何よりも大切だと思います。



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿