2014年7月27日日曜日

プロに運用を任せる「ラップ口座」は自分でできる!

個人が資産運用を証券会社に一任する「ラップ口座」が人気だそうです。

最低投資金額をこれまでの1億円以上→300万円以上など大幅に引き下げられ、手が届く人が増えたことも要因です。


「ラップ口座」は、リスク許容やリターンの要望など一人ひとりの顧客に応じた資産配分で運用できるのが特徴です。

例えば、安定志向の顧客なら、債券の比率を高めるといった具合です。

いわく、長期的には投資成果の9割は資産配分で説明できるそうです。


このようにメリットばかりが説明される「ラップ口座」ですが、一番の問題は手数料が高いことです。

預かり資産に対して年間約2%の設定が多いです。

そうなると、単純に「ラップ口座」で5年間運用したら、手数料だけで資産が1割減るので、リターンはそれ以上に必要です。

しかし、証券会社の担当者は、所詮サラリーマンですので、圧倒的な運用成績を期待するのは無理です。


「資産配分で投資成果がほぼ決まる」

そうであるなら、手数料の低い投資信託(ETF)を利用して、自分で運用した方がいいと思います。

★国内株式なら、
 ・上場インデックスファンドTOPIX(1308)(手数料0.09%)
 ・上場インデックスファンド日本高配当(1698)(手数料0.38%)
★国内不動産なら、
・東証REIT指数連動型上場投信(1343)(手数料0.37%)
★国内債券なら、
・日本国債
・定期預金
★外国株式なら
・海外株式上場投信(1550)(手数料0.32%)
・米国高配当株ETF(1589)(手数料0.12%)
★外国債券
・上場インデックスファンド海外債券毎月分配(1677)(手数料0.39%)

あとは、リスク許容と求めるリターンによって、運用配分を決めればいいのです。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・銘柄選びの6つの基本ルール♪
・きびなごの基本方針や考え方♪
・おすすめ投資ブログをまとめました♪
・日本株 保有株一覧♪
・アメリカ株 保有株一覧♪
・日本株 損益を計算してみました♪
・アメリカ株 損益を計算してみました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・あつまろのこだわり資産運用
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿