2018年6月22日金曜日

メディアスの株主優待が凄い。株式分割に伴い、投資額1/3でクオカードが貰える!

 

「メディアスホールディングス(3154)」は、医療機器卸の大手です。
関東・中部地盤に、先端装置から消耗品を扱い、医療物流管理の一括請負も行っています。

このメディアスの株主優待では、クオカードが貰えます。
今回、株式分割3株⇒1株に伴い、従来の3分の1の投資額で、株主優待が貰えるよう拡充されました。

〔参考記事〕セントケア・ホールディングスの株主優待が凄い。10万円以下のクオカード銘柄だ!





■ 株主優待の拡充内容は?

メディアスの株主優待は、今回の拡充によって、最小単元100株保有・約11万円の投資で、クオカード1千円分が貰えます。
さらに継続保有の場合、1年以上なら2千円分、3年以上なら3千円分へ増額される太っ腹ぶりです。

クオカードは、コンビニなどで使える大変便利な金券です。
株主優待では、人気の優待なので、メディアスは注目の存在となりそうです。

★6月権利確定銘柄
★最低投資額112,600円(100株・平成30年6月13日時点)

〔参考記事〕株主優待おすすめ銘柄10選 〔2018年版〕




■ 株主還元はどうなの?

アベノミクス以降、日本企業も株主還元に前向きな企業が増えています。
メディアスは、配当性向20~30%を目途に、成長に応じた成果の配分を実施することを基本方針としています。

直近数年間では、記念配当を除くと、1株あたりの配当金は約40円と、横ばい状況にあります。
ただ、今回の株主優待の実質拡充など、株主還元に積極的な姿勢もみられるので、今後の増配に期待したいです。

〔参考記事〕イオン株主優待で、お得すぎる「5つの特典」を満喫しよう!



■ 業績からの分析は?

メディアスの業績は、ここ数年は、売上高は増収が続くも、利益は横ばい状況が続いています。
医薬機器業界は、景気変動の影響を受けにくい業界です。
メディアスも、リーマンショック時にも黒字確保など安定感は高いです。


国内の医療機器卸は、病院との結びつきによる、地域色が強いようです。
そんななかで成長の源泉はM&Aで、今期も福井地盤の卸を買収するなど、積極的な姿勢をみせています。

財務面は、自己資本比率は約2割と低めも、現金等の保有割合も高いです。
平成30年6月期は、会社予想では、前年比で約2割の増益見込みです。

〔参考記事〕西部電機の株主優待が凄い。優待新設でクオカードが貰える!


【基礎情報】2018年6月13日時点
メディアスホールディングス(3154)
・株価 1,126円
・PBR 2.19
・PER 24.32
・自己資本比率 17.3%
・配当利回り 1.24%
・最低投資額 112,600円



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・日本株 保有株一覧♪
・株主優待 到着しました(*´∀`*)♪
・株主優待 新設・変更情報はこちらです♪
・株主優待 おすすめ銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 お米銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 金券銘柄一覧をまとめました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・The Goal 新ブログ
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿