2018年11月18日日曜日

日産自動車は配当利回り5%以上だけど、リーマンショック時の配当実績を知っているの!?

 

■ 日本を代表する企業でも高配当株がある!

銀行預金では、金利0.1%でも凄く高い方です。
一方で、株式に目を向けると、配当利回り3%以上の高配当株は、たくさんあるものです。

特に、アベノミクス以降、企業は株主還元に熱心で、配当金投資をしている立場からは非常に嬉しいです。
日本を代表する企業の配当利回りも、ブリヂストン3.6%、三菱商事3.5%、三井住友FG3.8%となっています。

〔参考記事〕株主優待おすすめ銘柄10選 〔2018年版〕





■ 日産自動車の配当利回りは5%以上もある!

高配当株が増えた日本株でも、屈指の高配当なのが日産自動車です。
なんといっても、平成30年11月時点で、配当利回りは5%以上あります。

さらに、1株あたりの配当金は、2011年:10円⇒2018年:57円へと大幅増配しています。
また、配当性向も50%未満なので、まだ増配余地もありそうです。
連続増配の高配当株として、最近は配当金投資の対象としても注目が集まっているように感じます。

〔参考記事〕資産1億円以上の億り人の投資先とは?



■ リーマンショック時の配当実績を知っている?

こんなに良いことばかりに感じる日産自動車ですが、僕は、あまり投資に前向きではありません。
理由は、業績が景気に連動しやすい景気敏感株だからです。

配当金の推移をみても、リーマンショック時には、無配に陥っています。
・2008年:40円
・2009年:11円(期末配当は無配)
・2010年:0円(無配)
・2011年:10円

配当金投資では、減配リスクは最も避けたい存在です。
日産自動車の場合は、景気によって業績が急変するので、今の配当性向は役に立たないのです。
目先の高配当だけに注目するだけでなく、配当金の推移もしっかり押さえて投資をしたいですね~。

〔参考記事〕リーマンショックの株価の動きから、株価暴落の対応を学ぶ!




気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング


0 件のコメント:

コメントを投稿