2017年7月19日水曜日

保険料は節約できる!?生命保険に入る前に、必ず知っておくべきは遺族年金だ!

 

■生命保険は必要経費なの?

就職したら、会社に保険の外交員の方がきて、加入を勧められますね~。
僕は、独身時代は保険に入っていませんでしたが、結婚して子供が生まれたのを契機に加入しました。
我が家は共働きなので、夫婦それぞれ掛け捨て月額4千円の生命・医療保険に入っています。

保険料はできるだけ節約したい反面、万が一のことがあれば、妻や子供たちが生活できるお金をちゃんと残したいですね~。
入院保障付きの死亡保障2千万円のコースを選んでいます。

〔参考〕シンプルライフがお金持ちへの近道。世界一の投資家バフェット氏は贅沢をしない!





■ 遺族年金は意外と貰えるものだ!

ところが、万が一のことがあった場合、残された家族は要件を満たせば、遺族年金を貰うことができます。

★遺族基礎年金
年間77万9,300円で、子供などがいる場合は加算があります。
対象者は、18歳未満の子供のいる配偶者と、18歳未満の子供です。
受給の要件は、主に以下のとおりですが、結構多くの方が当てはまるのではないかと思います。
(1)死亡者が年金保険者であること
(2)遺族年金受給者が死亡者によって生計を維持されていたこと
※生計維持されていたとは、同居かつ年収850万円以下のことです。

★遺族厚生年金
厚生年金などに加入している会社員などが死亡した場合が対象です。
受給要件は遺族基礎年金と大きく変わりませんが、生計を維持されていた孫なども対象となります。
年金額は、死亡者の給料額によって異なりますが、年間30万円~60万円くらいです。

〔参考記事〕子どもの教育費、実質100万円の貯金をすれば大丈夫!



■ 改めて生命保険の必要性を考えよう!

遺族年金は、共働きであっても、配偶者の年収850万円以下であれば対象なので、大抵の場合が対象になります。
年間120万円(月間10万円弱)くらいが貰えるのは大きいですね~。

我が家の場合は、夫婦それぞれ月間約30万円くらいの収入があります。
遺族年金が貰えるなら、子供の教育費などの貯金ができれば、生命保険は必要ないのかな~とも感じます。

もっとも、シングルで子供をみながら、今の仕事を続けられない場合は、収入も下がるかもしれません。
子供の教育費や老後の備えなどを考えて、現状として十分な貯蓄がないなら、生命保険は必要なのかもしれません。

〔参考記事〕年末年始は家計チェックの絶好機。固定費を削れないか、根本から確認しよう!



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング


0 件のコメント:

コメントを投稿