2020年7月24日金曜日

株主優待おすすめ銘柄まとめ【株主優待生活を楽しもう】

 

個人株主の増加もあって、株主優待の人気が高まっています。
株主優待制度のある企業数も、全上場企業の約4割にあたる約1500社にも達するそうです。

この株主優待のメリットは、やはり優待品を貰ったら嬉しいことです。
また、株価にも好影響があり、株価下落局面でも、日本マクドナルドなど人気優待銘柄の下値を抑える効果がありました。
そこで、今回は、株主優待について、おすすめ銘柄をまとめてみました。





■生活に必要なあらゆるものが貰える!

株主優待では、食品、飲料、金券、食事券、買い物券、特産品など、生活に必要なあらゆるものが貰えます。
我が家にとって、もはや株主優待は、なくてはならないものです。

たとえば、土・日は、すかいらーくやクリレスの食事券で、ガスト、しゃぶ葉、かごの屋でご飯を食べます。
子どもの服は、アダストリアやライトオンで買います。
靴は、ジーフットの買い物券を使い、子どもの玩具は、ビッグカメラやヤマダ電機の買い物券で買います。

株主優待は、使った時に、凄く得したと感じる気持ち良さもあります。
僕自身は、株高の時に利益確定したため、残念ながら銘柄数が減っていますが、また、株価が下がれば、仕込んでいきたいです。

【おすすめ記事】



株主優待おすすめ銘柄まとめ【令和2年7月22日】

2020年の株式市場は、新型コロナウイルスの一色です。 
特に2月から3月にかけて、NYダウや日経平均株価など、国を問わず、株価が急降下しました。 

でも、そんな株価の急落時は、投資の好機でもあります。 
無理はしてはいけませんが、時間を分散して追加投資したいです。 

まだ、二番底の可能性は否定できないので、しっかり投資銘柄を見極めることが重要になります。
配当金や株主優待の源泉となるのは、企業が稼ぐ利益です。
業績が安定した銘柄を選ぶことで、できる限り、優待廃止や減配リスクを抑えていきたいと思います。

★ 朝日放送グループホールディングス (9405)
・テレビ朝日系列の民放地方局。
・大阪地盤として「探偵!ナイトスクープ」など自社番組も制作する。
・住宅展示場の大手でもある。
・テレビの広告収入減少、住宅展示場の一時閉鎖など、新型コロナによる業績への影響は避けがたい。
・株主優待のクオカードは、番組特製デザインが毎回楽しみである。
【株主還元】
・株主優待 クオカード500円分(年2回)
・配当利回り 1.36%
【投資指標】
・株価 737円【令和2年当初:756円】
・PBR 0.46
・PER 40.27
・自己資本比率 56.8%
・売上高 829億円
・営業利益 33億円




★ KDDI(9433)
・総合通信大手。auブランドで携帯・光回線事業を行う。
・物販など非通信事業を強化し、ライフデザイン企業を目指す。
・国によるスマホ値下げ政策、楽天の携帯参入などがマイナス材料である。
・18年連続で増配予定である。
・株主優待・配当金の原資になる利益・財務の安定感が魅力的である。
【株主還元】
・株主優待 カタログギフト3000円相当
・配当利回り 3.61%
【投資指標】
・株価 3,322円【令和2年当初:3,263円】
・PBR 1.74
・PER 11.71
・自己資本比率 45.8%
・売上高 5兆2372億円
・営業利益 1兆252億円

【おすすめ記事】
KDDIが凄い。株主優待・高配当・連続増配まとめ!




★ パラカ(4809)
・時間貸しの駐車場運営・管理の中堅企業。
・地方都市を地盤とし、土地賃借型を中心に、土地自社保有型も運営する。
・新型コロナによる業績への影響は避けられないが、固定費の少ない土地自社保有型のおかげで赤字転落は逃れる見込み。
【株主還元】
・株主優待 クオカード2000円分
・配当利回り 3.32%
【投資指標】
・株価 1,659円【令和2年当初:2,001円】
・PBR 1.08
・PER 14.93
・自己資本比率 43.7%
・売上高 140億円
・営業利益 22億円




★ 日本管財 (9728)
・ビルの設備、警備、清掃を中心にした総合管理会社。
・地域再開発物件に強く、PFIを強化している。
・業績・財務の安定感が高く、安心して保有できる株主優待銘柄である。
【株主還元】
・株主優待 カタログギフト2000円相当(年2回)
※3年以上保有で3000円相当に増額される
・配当利回り 2.53%
【投資指標】
・株価 1,979円【令和2年当初:1,961円】
・PBR 1.43
・PER 16.09
・自己資本比率 67.2%
・売上高 1060億円
・営業利益 68億円




★ オリックス(8591)
・総合リース国内首位。事業多角化・海外展開は業界で突出する。
・M&Aにも積極的である。
・航空機リース、ホテル・旅館、空港運営など、新型コロナによる業績への影響は避けられない見込み。
・リーマンショック時には、株価が10分の1以下に大幅調整するなど、株式市場の暴落時には要注意である。
【株主還元】
・株主優待 カタログギフト5000円相当
※3年以上の場合、カタログギフトの内容が増額される
・配当利回り 6.11%【配当未定】
【投資指標】
・株価 1,243円【令和2年当初:1,879円】
・PBR 0.52
・PER 8.16
・自己資本比率 22.9%
・売上高 2兆2803億円
・営業利益 2696億円




★ ビックカメラ (3048)
・家電量販大手。ターミナル駅周辺に大型店を運営する。
・同業のソフマップ、コジマを傘下に持つ。
・訪日外国人の減少、営業時間短縮など、新型コロナの業績影響はあるが、直近月次売上高は意外と堅調である。
・株主優待は太っ腹で、普段から利用する場合は、凄く魅力的である。
【株主還元】
・株主優待 買い物券・年間3000円分
※保有年数に応じて、最大・年間5000円分に増額される
・配当利回り 0.89%
【投資指標】
・株価 1,120円【令和2年当初:1,252円】
・PBR 1.44
・PER 109.80
・自己資本比率 34.3%
・売上高 8,940億円
・営業利益 229億円




★ 大冷 (2883)
・業務用冷食メーカー。魚、肉、野菜などを扱い、骨なし魚が主力である。
・製造はすべて外部企業へ委託している。
・新型コロナの影響により、学校給食向けの売上が落ち込む。
・株主優待の自社商品は、質・量ともに満足度が高い。
【株主還元】
・株主優待 自社冷凍食品2000円相当
・配当利回り 2.70%
【投資指標】
・株価 2,040円【令和2年当初:1,946円】
・PBR 1.52
・PER 35.66
・自己資本比率 72.8%【有利子負債ゼロ】
・売上高 268億円
・営業利益 11億円

【おすすめ記事】
大冷の株主優待が凄い。骨なし魚は安心感が抜群だ!




★ ヤマダ電機 (9831)
・家電量販店の最大手。スマートハウス事業を育成中である。
・業績は、やや苦戦気味である。
・株主優待は、太っ腹な買い物券が貰えて、家電以外にも日用品も扱っており、使い勝手も抜群である。
【株主還元】
・株主優待 買い物券・年間3000円分
※保有年数に応じて最大・年間5500円分に増額される
※買い物1000円ごとに500円分が利用可能である
・配当利回り 2.07%
【投資指標】
・株価 483円【令和2年当初:563円】
・PBR 0.67
・PER 26.25
・自己資本比率 54.6%
・売上高 1兆6115億円
・営業利益 383億円




★ 宝ホールディングス (2531)
・宝酒造とタカラバイオが傘下の持ち株会社。
・みりん・清酒・焼酎最大手、チューハイも有力である。
・海外で食材卸事業も行い、海外売上高比率は約35%に達する。
【株主還元】
・株主優待 自社グループ商品1000円相当(みりんなど)
・配当利回り 2.11%
【投資指標】
・株価 950円【令和2年当初:984円】
・PBR 1.27
・PER 36.82
・自己資本比率 52.1%【現金等>有利子負債】
・売上高 2811億円
・営業利益 158億円




★ リテールパートナーズ (8167)
・福岡・山口・大分の食品スーパー連合。
・株主優待で貰えるJCBギフトカードは、ユニクロなどで利用できる金券で、使い勝手が良い。
【株主還元】
・株主優待 JCBギフトカード1000円分(年2回)
・配当利回り 1.01%
【投資指標】
・株価 2,180円【令和2年当初:856円】
・PBR 1.45
・PER 22.47
・自己資本比率 62.7%【現金等>有利子負債】
・売上高 2288億円
・営業利益 44億円



■ 2019年の紹介銘柄まとめ!
・すかいらーく(3197)
・KDDI(9433)
・パラカ(4809)
・日本管財(9728)
・オリックス(8591)
・やまや(9994)
・大冷(2883)
・ヤマダ電機 (9831)
・セントケア・ホールディングス(2374)
・興銀リース (8425)

■ 2018年の紹介銘柄まとめ!
・すかいらーく(3197)
・沖縄セルラー電話(9436)
・パラカ(4809)
・エコス(7520)
・オリックス(8591)
・バローホールディングス(9956)
・安田倉庫(9324)
・リテールパートナーズ (8167)
・クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)
・興銀リース (8425)

■ 2017年の紹介銘柄まとめ!
・イオンディライト(9787)
・KDDI(9433)
・パラカ(4809)
・ディーブイエックス(3079)
・日本BS放送(9414)
・三機サービス(6044)
・日本取引所グループ(8697)
・日本管財(9728)
・コメダホールディングス(3543)
・イオン(8267)
・ステップ(9795)
・朝日放送(9405)
・シュッピン(3179)
・ダイイチ(7643)

■ 2016年の紹介銘柄まとめ!
・沖縄セルラー電話(9436)
・ディーブイエックス(3079)
・ステップ(9795)
・大冷(2883)
・SFPダイニング(3198)
・フジ・コーポレーション(7605)
・三機サービス(6044)
・イオンディライト(9787)
・PLANT(7646)
・パラカ(4809)
・ダイイチ(7643)



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・配当金・株主優待生活へのポートフォリオ
・これまでの投資成績まとめ。地道に資産を増やし億り人になる!
・これまでの配当金総額まとめ。高配当株をコツコツ買い増すのみ!
・高配当株おすすめ銘柄まとめ!
・株主優待おすすめ銘柄まとめ!
・配当金生活には元手がいくら必要なの?
・財形貯蓄のメリットまとめ。浪費家の僕が年間100万円の貯金体質へ!

★オススメのブログ★
・かすみちゃんの株主優待日記
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿