2019年12月7日土曜日

配当金生活への投資成績公開(2019年12月6日時点)。慌ただしい師走でも、配当金は自動的に入金する!

 

いよいよ2019年も、残り1か月となりました。
12月になりましたが、株式市場は、相変わらず堅調が続いています。

そして、慌ただしいと言われる師走ですが、その喧騒に左右されず、配当金は、自動的に入金してくれます。
今週は、沖縄セルラー電話、イオンFSなどから約2万円を受け取りました。
おかげさまで、今年の配当金総額は70万円を超えましたが、このままラストスパートで配当金をたくさん貰いたいです。

【おすすめ記事】
もしも、コカ・コーラ株を50年前に買っていたら、配当利回りは100%以上になる!

2019年12月6日金曜日

株式投資で金銭感覚を狂わせない。投資が上手くいっている時こそ要注意だ!

 

■株高で儲かっている投資家だらけだ!

日経平均株価は2万円台、さらにNYダウは史上最高値を更新など、今年の株式市場は好調です。
そんななかで、個人投資家の皆さんも、儲かっている方だらけです。

おかげさまで、僕も、世間ほどではないですが、年初来で約400万円ほど含み益が増えてきました。
配当・優待投資なので、株価に左右されないと思っていても、やはり少し嬉しいものです。

2019年12月5日木曜日

株主優待中毒と自覚する5つの症状とは!?

 

僕は、結婚を契機に、株式投資をしていた妻の影響で、投資を始めました。
初めは、パナソニックなどの大型株などに投資をしていましたが、現在は、配当金や株主優待を目的にしています。
そして、株式投資が趣味というくらい株好きに陥っています。

そこで、今回は、自分が株主優待中毒だと自覚する5つの症状を紹介します。
なんでも株主優待につなげて考えてしまうので、ちょっとヤバいのかな~と自分で思う瞬間もあります。

2019年12月4日水曜日

クリスマスにあれば嬉しい株主優待銘柄まとめ!

 

12月といったら、クリスマスですね~。
ショッピングモールや遊歩道でも、クリスマスツリーやイルミネーションを見かけるようになりました。

我が家でも、12月25日の本番に向けて、そろそろケーキやプレゼントの準備をしなくてはいけません。
今回は、そんなクリスマスにあれば嬉しい株主優待銘柄を選んでみました。

【おすすめ記事】
子育て世帯におススメ、子どもが喜ぶ株主優待まとめ!

2019年12月3日火曜日

教育費の運用方法で、我が家が現金主義の理由とは?

 

■教育費はいくら必要なの?

子ども1人あたりの教育費は、約1千万円は必要と言われます。
そんなに必要ないという声もあるかもしれませんが、もちろん一気に1千万円が必要なわけではないです。

すべて国公立の場合、幼稚園から大学までで必要なお金は次のとおりです。
・幼稚園3年間:約67万円 ・小学校6年間:約193万円
・中学校3年間:約145万円 ・高校3年間:約123万円
・大学4年間:約458万円

このなかで、際立っているのが大学4年間の約458万円で、子どもの教育費では、これを事前にしっかり準備することが重要です。

2019年12月2日月曜日

12月株主優待のオススメ銘柄まとめ【外食銘柄が充実だ】

 

12月株主優待のなかから、おすすめ銘柄を紹介します。
僕は、株主優待や配当金といったインカムゲインを目的に投資しています。

配当金をもらうと、もちろん嬉しいです。
それ以上に、株主優待で金券や贈り物などを貰うと嬉しくなります。
食品、飲料、食事券、金券など、生活に必要なあらゆるものが貰えるので、今では株主優待無しの生活は考えられません。

今回、12月株主優待から、僕が買いたいな~と思う銘柄を選んでみました。
2019年12月の権利付き最終日は、26日になります。

2019年12月1日日曜日

【今週の注目】厳選した投資ブログ記事まとめ!

 

投資ブログは、玉石混交ですが、上手に活用すれば、お宝の宝庫です。
僕は、自分がフォローしている投資ブログから、参考になった記事を厳選し、Twitterでつぶやいています。

今回は、Twitterでリツイートやお気に入りが多く、反響が大きかった記事をまとめてみました。
いずれも素晴らしい記事ばかりで、ぜひとも参考にしていただきたいです。

※ツイッター形式ですが、普通のリンクと同様にリンク先に移動できます。

【おすすめ記事】
イオン株主優待が凄い。株主のお得すぎる5つの特典まとめ!

2019年11月29日金曜日

リーマンショックを思い出す。10年以上が経過し、資産額も当時の10倍以上へ!

 

■ 投資開始直後の大暴落だった!

僕は、結婚をきっかけに、株式投資を始めました。
妻から、証券会社での口座開設や銘柄の選び方など、教えてもらいました。

そして、投資を始めると同時に、遭遇したのがリーマンショックです。
面白いくらいに、あらゆる銘柄が大暴落でした。
そんな未曽有の危機から、10年以上が過ぎるなんて、年月が経つのは本当に早いものですね~。

【おすすめ記事】
リーマンショックの株価の動きから、株価暴落の対応を学ぶ!

2019年11月28日木曜日

含み益に耐えろ。テンバーガー達成が難しいのは途中下車してしまうから!

 

■テンバーガー未達成の理由は?

テンバーガー(10倍株)は、投資家の憧れです。
そして、アベノミクス以降の株高が続くなかで、テンバーガーを達成されている投資家の方も多いです。
僕の場合は、唯一達成したのが薬王堂の1銘柄だけです。

ほかにもテンバーガーに近づいた銘柄はありました。
でも、含み益が膨らむと、つい利確してしまい、その後も株価・業績とも上がり続け、今から思うと失敗も多いです。

【おすすめ記事】
テンバーガー(10倍株)に出会いたいなら、絶対にチェックすべき投資ブログまとめ!

2019年11月27日水曜日

株価と情熱は反比例する。株高とともに投資熱は低下するも、今やるべきこととは!?

 

■株高とともに投資熱は下がり気味だ!

株式投資を始めた頃は、ちょうどリーマンショックもあって、休日はすべて銘柄探しに費やす勢いでした。
当時は、割安株がいくらでもあり、銘柄探しが楽しくて仕方がありませんでした。

ところが、今は、明らかな割安株は減ってきて、ときめく銘柄が見つからず、銘柄探しを苦しく感じることもあります。
投資に対する情熱は、株価と反比例するように急降下しています。

【おすすめ記事】
配当金投資の5つのメリットとは?株の配当金で300万円以上もらって感じたこと!

2019年11月26日火曜日

投資は自転車と同じ。乗ってから初めてバランス感覚を学ぶ!

 

■投資は体験しないと分からない!

投資は自転車と同じ。乗ってから初めてバランス感覚を学ぶ。
これは、お金のデザインの中村仁社長の言葉です。

上手いこと表現されるな~と納得しました。
僕は、投資を始めて10年になります。
そのなかで、投資は体験しないと分からない部分があるとは、全くもって、そのとおりだと思います。

【おすすめ記事】
給料が増えない。ならば稼ぐ仕組みを変えたらいい!

2019年11月25日月曜日

ボーナスで買いたい、株主優待&高配当株まとめ!

 

そろそろ、2019年冬のボーナスの時期ですね~。
大手企業では、過去最高96万4千円も貰える見込みだそうです。
これは、東証一部・従業員500人以上の企業の平均だそうですが、そんな大金を貰っている人が羨ましいです。

我が家も世間の平均よりは少ないかもしれませんが、ボーナスを楽しみにしています。
普段とは違い、まとまったお金を手にできます。
今回は、そんなボーナスで買いたい株主優待&高配当株を選んでみました。

【おすすめ記事】
株の配当金なら利回り3%も当たり前だ。お金を少しでも増やしたいなら高配当株を買おう!

2019年11月21日木曜日

花を引き抜き、雑草に水をやる投資をしない!

 

■当たり前すぎる投資原則だ!

「こうした偉大な銘柄を捨てたことは「花を引き抜き、雑草に水をやる」をまさに地でいくようなものであった」
これは、収益バリュー投資で有名なピーター・リンチ氏が、先行きの読み間違いで手放した株が大きく成長した時の発言です。

この投資原則は、当たり前すぎる内容です。
優良企業(花)を売って、赤字企業(草)を買っていては、儲かるはずはないですよね~。

【おすすめ記事】
株価が下落しているからといって、ナンピンせずに優良株を売却するのは悲劇だ!

2019年11月20日水曜日

11月株主優待のオススメ銘柄まとめ【地味だけど優良銘柄】

 

11月株主優待のなかから、おすすめ銘柄を紹介します。
僕は、株主優待や配当金といったインカムゲインを目的に投資しています。

配当金をもらうと、もちろん嬉しいです。
それ以上に、株主優待で金券や贈り物などを貰うと嬉しくなり、日々の生活を少しだけ豊かにしてくれます。

今回、11月株主優待から、僕が買いたいな~と思う銘柄を選んでみました。
2019年11月の権利付き最終日は、27日になります。

2019年11月19日火曜日

株式投資はやっぱり恐い!?そもそも株式投資とは何なのか分かれば不安は減らせる!

 

■株式投資はやっぱり恐い?

株式投資をやらない理由として、恐いからというのを聞きます。
たしかに、株式投資は元本が保証されていません。

リーマンショックの時は、わずか1年あまりで、日経平均株価は半分に下落しました。
苦労して貯めたお金が半分に減ったら、ショックすぎますよね~。

【おすすめ記事】
リーマンショックの株価の動きから、株価暴落時の対応を学ぶ。