2018年3月7日水曜日

含み益に耐えろ。テンバーガー達成が難しいのは途中下車してしまうから!

 

■テンバーガー未達成の理由は?

テンバーガー(10倍株)は、投資家の憧れです。
そして、アベノミクス以降の株高が続くなかで、テンバーガーを達成されている投資家の方も多いです。
でも、残念ながら、僕は、いまだに達成したことがないです。

もっとも、近づいたのが、アークランドサービスです。
リーマンショック後の相場低迷時期に投資し、約7倍株になった時点で利確してしまいました。
その後も業績成長を続け、結局、買い戻してしまったので、今から思うと売却は大失敗だったと思います。

〔参考記事〕テンバーガー(10倍株)に出会いたいなら絶対にチェックすべき7個の投資ブログ!





■ 含み益が膨らむと落ち着かない!

人間は、利益は早く確定したがり、損失は先送りしたがるものです。
これは行動心理学でも知られており、プロスペクト理論と言われます。

特に、日本株の場合は、バブル崩壊以降の低迷時期が長かったです。
そのこともあって、株価が上がり、含み益が膨らむという状況に慣れていない投資家が多いです。

トランプ相場以降の株高でも、国内投資家は、バブル時代の塩漬け株などの利益確定が相次いでいるそうです。
含み益が増えると、いずれまた株価が下がるのではないかという恐怖から、落ち着かない気持ちに陥るものです。

〔参考記事〕リーマンショックの株価の動きから、株価暴落の対応を学ぶ。



■ とになく途中下車はしないこと!

僕は、日本代表や欧州リーグなどのサッカー観戦が好きです。
そのサッカーでは、勝っているチームはいじるなという言葉があります。

株式投資でも、サッカーと同じことが言えます。
業績が着実に成長し、それに応じて株価も上がり、順調な時には、特に何もしなくてもよいのです。

企業の業績・財務が、投資時の前提から変わるのが明らかになれば、再度、投資を続けるか検討が必要です。
でも、順調な銘柄であれば、継続投資が最もよいです。

わざわざ途中下車していたら、テンバーガーに出会うことは難しいです。
投資家は、含み益に耐えて、銘柄を保有し続ける握力も重要です。

〔参考記事〕毎月3万円の不労所得を株式から得るには、いくら元手がいるのか?



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング


0 件のコメント:

コメントを投稿