2020年6月16日火曜日

給料が増えない。ならば稼ぐ仕組みを変えたらいい!

 

■家計の手取りは減少傾向だ!

直近はコロナ危機で足踏みですが、ここ数年は、アベノミクスの効果もあって、最高益を更新する企業は多かったです。
でも、残念ながら、会社員の給料の伸びは、わずかでした。

さらに、社会保険料は増えており、実質的な手取りは減少しています。
家計の可処分所得は、2000年代初めは、月額40万円以上でしたが、今や、月額30万円台に減少しています。

【おすすめ記事】
年収500万円なら7年間で手取りは26万円も減少。給料だけに頼らない生き方が必要だ!





■ 給料が増えない3つの理由とは?

「給料増加」⇒「消費増加」⇒「企業の利益増加」⇒「給料増加」の好循環は、経済成長にとって非常に重要です。
政府も、官制賃上げまでして、この流れを推進してきました。

それでも、給料の伸びは、ごくわずかです。
給料が増えない理由として、大きく次の3つが考えられます。

★労働分配率の低下!
株主還元の強化が進められる一方で、人件費は利益を圧迫するコストとみられ、企業の労働分配率は低下しています。
また、バブル後のデフレの記憶から、企業は財務強化にも熱心です。
結果的に、必要以上にお金を貯め込む企業も多く、働いている社員にお金がまわりにくいです。

★賃金よりも雇用を重視!
賃金は、下方硬直性があり、一度上げたら、下げにくいです。
また、賃金が高くなると、新たな雇用に躊躇する要因にもあります。
労働組合も、賃上げよりも、雇用維持を重視しており、こういった点からも給料は増加しにくいです。

★働き方改革による残業減少!
ここ最近のトピックスは、働き方改革です。
そのなかの一つに残業抑制があり、ワークライフバランスの維持には効果的ですが、給料の手取り額には減少につながります。

【おすすめ記事】
株の配当金なら利回り3%も当たり前だ。お金を少しでも増やしたいなら高配当株を買おう!



■ 今こそ稼ぐ仕組みを変えよう!

労働者の立場からみると、給料が上がらないという不満を持ちます。
でも、現在の資本主義社会においては、労働者でありながらも、資本家の立場にもなれるのです。

株式投資は、誰に対しても扉が開かれています。
僕自身も、ごく普通の会社員ながら、配当金目的の株式投資をしています。

株式投資をはじめて10年以上ですが、今では、配当金は年間80万円の収入があります。
給料は増えなくても、コツコツ高配当株を積上げればよいのです。
そうすれば、資本家の1人として、配当金収入を増やすことができるのです。

会社員も、今こそ、稼ぐ仕組みを変える時代です。
給料だけに頼らない生き方ができれば、世の中が違って見えてきます。

【おすすめ記事】
配当金生活には元手がいくら必要なの?



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・配当金・株主優待生活へのポートフォリオ
・これまでの投資成績まとめ。地道に資産を増やし億り人になる!
・これまでの配当金総額まとめ。高配当株をコツコツ買い増すのみ!
・高配当株おすすめ銘柄まとめ!
・株主優待おすすめ銘柄まとめ!
・配当金生活には元手がいくら必要なの?
・財形貯蓄のメリットまとめ。浪費家の僕が年間100万円の貯金体質へ!

★オススメのブログ★
・かすみちゃんの株主優待日記
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿