2018年5月20日日曜日

ぬるま湯相場に慣れすぎるな。いずれ乱気流が起きるから!

 

■今はぬるま湯相場だ!

最近の株高をみると、リーマンショックも、すっかり過去の話です。
リーマンショック後、各国とも金融緩和を進めてきましたが、その結果、株価は大きく上昇しています。

アメリカ株では、NYダウが史上最高値を更新しています。
また、日本株でも、アベノミクスと呼ばれる好相場で、20年ぶりの株高を演出しています。
今は、ぬるま湯と言える相場で、ここ数年で株式投資を始めたなら、誰もが儲かっている状況です。

〔参考〕リーマンショックの株価の動きから、株価暴落の対応を学ぶ!





■ 相場環境はいずれ変わる時がくる!

アメリカでは、FRBが利上げを徐々に行うなど、金融緩和からの出口に向けて、動き出しています。
その影響もあって、長期金利は3%を超えて、最近は高配当株を中心に、株価の伸び悩みが目立ちます。

また、ヨーロッパでも、ECBが出口戦略に向けて動き出そうとしています。
株式投資さえしていたら、誰もが儲かる、ぬるま湯相場から、変化の時が、徐々に迫ってきているように思います。

株式投資の歴史を振り返っても、株価は、高騰と暴落を繰り返してきました。
株価の暴落は、早かれ遅かれ、必ずくるものです。

〔参考記事〕日本管財の株主優待は凄い。カタログギフトで貰える10選!



■ 暴落に備えた投資手法とは?

これから当面の投資手法として、暴落に備える投資を意識したいです。
具体的には、次の3点を押さえた投資を実践するつもりです。

★現金の保有比率を確保すること!
リスク管理の点から、キーポイントになるのが、現金の保有比率です。
リーマンショックの経験から学んだこととして、暴落時には、現金こそが最強だということがあります。

世界一の投資家バフェット氏のバークシャー・ハサウェイでは、現金の保有比率は、約15%だそうです。
僕の場合は、それを少し上回る水準を目指したいので、今年の新規投資は、抑え気味でいこうと思います。


★銘柄選定をきちんとすること!
景気悪化時に、業績も悪化しやすい、景気敏感株は避けたいです。
ポイントとして、リーマンショック時に黒字確保できているか、確認することにします。


★配当金・株主優待投資を楽しむこと!
僕は、配当金や株主優待を目的とした投資をしており、配当金が年間50万円くらい貰えます。
配当金が貰えると、株価暴落時にも、精神的に余裕を持って、のんびり投資に臨めると思います。

株式市場は、高騰と暴落の歴史を繰り返してきました。
現在のポートフォリオには満足していますが、暴落時には、配当金を増やすチャンスとして、高配当・優良株に投資したいです。


〔参考記事〕配当金投資の5つのメリットとは?株の配当金で100万円以上もらって感じたこと!



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング


0 件のコメント:

コメントを投稿