2018年12月16日日曜日

株価下落は大きなチャンス。リーマンショックの経験から断言できる!

 

■ 安く買い、高く売るが基本だ!

株式投資の基本は、安く買い、高く売ることです。
これは、普段の買い物と同じで、まずは安く買うところから始まります。

株式を安く買う最大のチャンスは、株式市場の暴落時です。
僕の場合は、リーマンショック時に投資を始めましたが、当時は本当にチャンスだったと思います。

〔参考記事〕配当金投資の5つのメリットとは?株の配当金で100万円以上もらって感じたこと!





■ リーマンショックは大チャンスだった!

リーマンショックの起こった2008年~2009年は、日経平均株価が7千円台を記録するなど大暴落でした。
その暴落時のイメージが強いですが、実は、日本株は、その後も長期にわたって低迷しています。
日本経済の六重苦を経て、本格上昇はアベノミクスを待つことになります。

僕の経験では、アベノミクス以前の投資成績はイマイチでした。
でも、その時に投資した銘柄は、その後の相場上昇によって、大きな成果につながっています。

当時の資産・含み益の推移は、次のとおりですが、やっぱり株価低迷時に勇気をもって投資することは超重要です。

【アベノミクス以前】
・2009年末:資産163万円(累計損益+22万円)
・2010年末:資産288万円(累計損益+13万円)
・2011年末:資産367万円(累計損益-35万円)

【アベノミクス以後】
・2012年末:資産667万円(累計損益+122万円)
・2013年末:資産993万円(累計損益+515万円)
・2014年末:資産1423万円(累計損益+862万円)
・2015年末:資産1739万円(累計損益+1128万円)
・2016年末:資産1932万円(累計損益+1234万円)
・2017年末:資産2414万円(累計損益+1733万円)

〔参考記事〕リーマンショックの株価の動きから、株価暴落の対応を学ぶ!



■ 暴落時に焦らず買い増ししよう!

株価の暴落時は、投資のチャンスということは、大半の人は、頭では理解できているものです。
でも、なかなか実践するのは難しいです。

理由は、どこまで株価が下がるか分からない、恐怖心に支配されるからです。
リーマンショック時に、日経平均株価の下限が7千円台だったことは、後から振り返ると明らかなものです。
でも、当時は5千円とか、3千円まで下がると言われたし、本気でそんな空気が相場を支配していました。

歴史的な株価暴落からは、時間をかけて徐々に株価は回復するものです。
株価暴落はチャンスですが、焦る必要は全くないのです。
恐怖心に打ち克ち、株価低迷の期間内に、コツコツ投資すれば、それが大きな成果に結びつくと断言できます。

〔参考記事〕KDDIが凄い。株主優待・高配当・連続増配まとめ!


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング


0 件のコメント:

コメントを投稿