2017年3月25日土曜日

日本株、保有株の損益 〔2017/3/24 時点〕。年度末に向けて落ち着いた相場が続く!

 

いよいよ年度末が近づいてきて、仕事や家庭が忙しくなってきました。
株式投資どころではないのかも。

そんななかでも、日経平均株価やアメリカNYダウも、落ち着いた相場が続いているので助かります。
思い出すのは、リーマンショック時は発生直後ではなく、翌年度末に、日経平均株価の最安値を記録しました。
〔参考〕リーマンショックの株価の動きから、株価暴落時の対応を学ぶ!

そのイメージが強くて、年度末の株式市場は下がりそうで嫌いですね~。
株価が下落したら追加買いしたら良いと思いながらも、年度末は忙しいし、このまま落ち着いた相場で終わってほしいな~。

2017年3月24日金曜日

株主優待で貰ったクオカードの活用方法・使えるお店まとめ!

 

■ 株主優待でクオカードを貰うことが多い!

クオカードは、住友商事系列の株式会社クオカードが発行する金券です。
全国の約5万5千店のお店で利用できる裾野の広さが強みで、1995年の発行から20年以上の実績があります。

僕の場合は、株主優待でクオカードを貰い、人生で初めて手にしましたが、コンビニやファミレスで利用できるので非常に便利です。
我が家の場合は、株主優待で年間3万円くらいのクオカードを手にします。

そこで、今回は、このように株主優待で貰ったクオカードの活用方法や使えるお店についてまとめてみました。

2017年3月23日木曜日

連続増配が凄い!リース大手7社の配当利回り&株主優待は?

 

僕は、配当金などのインカムゲインを目的に投資をしています。
配当金目的の投資では、長期投資になるので、銘柄を選ぶ際には、高配当であることと同時に、配当金の継続性を重視しています。

リース大手7社は、毎年連続で、配当金を増やす連続増配株ばかりです。
加えて、株主優待を実施している銘柄も多いので魅力的です。

一方で、リース会社は、財務面でレバレッジをかけているので、景気後退時の株価下落が大きいです。
かって僕が保有していたオリックスは、リーマンショック時には、株価が10分の1以下の水準まで落ち込んだように注意が必要です。

2017年3月22日水曜日

スシローの新規上場(IPO)は買いか?株主優待の導入も明言!

 

「スシローグローバルホールディングス(3563)」は、回転寿司で業界首位の「あきんどスシロー」を傘下に持ちます。
前々から再上場の噂があり、2月22日に正式に取締役会決議されました。

気になる株価ですが、3月21日に発表の売出価格は3,600円です
想定価格の上限3,900円になると思っていましたが、人気面で予想外に苦戦しているのかもしれません。
新規上場する市場については、東証一部か二部とされていますが、想定時価総額1千億円超ですので、東証一部で間違いないと思います。

今回は、想定価格をベースに、スシローグローバルホールディングスの新規上場は買いなのか、検証してみました。

ナンピンは上手に使えば、資産を効果的に増やせる!

 

■ そもそもナンピンとは?

「ナンピン」とは、同じ銘柄を初めに買った株価よりも、安い株価で追加購入することです。
そのことによって、保有株の平均購入単価を下げることができます。

例えば、株価1,000円の銘柄を買ったとします。
ところが、買った直後から、この銘柄の株価がドンドン下落して600円になってしまったとします。

その時点でナンピンで追加買いすると、元々の保有分もあわせて、結果的に、株価1,600円で2株を買ったことになります。
つまり,保有株1株あたりの平均購入株価800円なので、その後、株価が上昇して800円になった時点でプラス・マイナスゼロになります。

初めに買った時の株価1,000円まで回復するのは難しいかもしれません。
しかし、株価800円なら回復する可能性はありそうです。
このように、ナンピン買いをすることで、平均購入単価を下げて、プラスへの転換点を早めることができるのです。

2017年3月21日火曜日

日本株、連続増配株一覧 〔2017年版 ⑲〕

 

日本株の連続増配株を紹介する第19弾です。

僕は、配当金などのインカムゲインを目的に投資をしています。
配当金目的の投資では、長期投資になるので、銘柄を選ぶ際には、高配当であることと同時に、配当金の継続性を重視しています。

そこで、毎年連続で、配当金を増やし続けている連続増配株を紹介します。
連続増配株は、保有しているだけで、ドンドン貰えるお金が増える本当に夢のような株だと思いますよ~♪

2017年3月20日月曜日

10万円以下おすすめ株主優待銘柄7選 〔2017年版〕

 

■お手ごろに買える株主優待銘柄とは?

僕は、配当金や株主優待などのインカムゲインを目的に投資をしています。
株主優待は貰うと非常に嬉しくて、投資を続ける勇気を貰えるうえに、株価の下落を抑える効果まであります。

また、僕は普通のサラリーマンで、資金が少ない少額投資家でもあります。
そのため、少額で買えるお手ごろ感のある銘柄に、人一倍の興味があります。

そこで、10万円以下で買える注目の株主優待7銘柄を選んでみました。

2017年3月19日日曜日

新社会人に伝えたい、必ずお金が貯まる5つの方法。人生をお金で失敗しないためには最初が肝心!

 

4月から社会人になる皆さんは、新生活への楽しみと、仕事への不安などが入り混じったような気持ちかな~と思います。

社会人になったからには、まずは仕事を頑張るのが一番です。
それと同時に、お金に関して、しっかり管理できるようになるのが、その後の人生を豊かに過ごすために必須になります。

今回は、僕の失敗体験も踏まえながら、新社会人の方に伝えたい、お金を貯める5つの方法を紹介します。

2017年3月18日土曜日

今週、注目した投資ブログ記事まとめ(2017/3/11~3/17)

 

今週、ツイッターでつぶやいた「投資に役立つブログ記事」を紹介します。

リツイートとお気に入りが多く、反響が大きかったものを掲載します。
いずれも素晴らしい記事ばかりで、ぜひとも参考にしていただきたいです。

※ツイッター形式ですが、普通のリンクと同様にリンク先に移動できます

日本株、保有株の損益 〔2017/3/17 時点〕。アメリカ利上げも、株式市場は冷静な反応でした!

 

今週の3月15日に、アメリカFRBが利上げを決定しました。
利上げ幅は0.25%で、今年は、年3回の利上げを予定しているそうです。

アメリカの利上げは、年初からの注目イベントでしたが、事前の予想通りということで、株式市場は冷静な反応でした。
やはり、予想と結果を比較して、株価は変動すると改めて感じますね~。
たとえ、増益でも、事前予想より悪かったら、株価は下がるなんて、投資を始めたころはびっくりしたものです。

2017年に入ってから、不気味なくらい株式市場は好調ですが、何が起きても、おかしくない世界なので、警戒だけはしていきたいです。

2017年3月17日金曜日

ふるさと納税「カニしゃぶ」が凄い!おススメ7選(2017年)

 

ふるさと納税は、自分の好きな都道府県や市町村に寄附することで、実質負担2千円で、お礼の返礼品を貰うことができる制度です。
この返礼品では、普段、自分では買えない超一流品を貰うことができるので、非常に人気となっています。

このふるさと納税で貰える返礼品のなかで人気なのが「カニ」です。
1万円の寄附で、蟹しゃぶ1kgが貰えるものもあります。
そこで、ふるさと納税1万円で、カニしゃぶ・カニ鍋などが楽しめる「カニ」が貰える自治体をまとめました。

株式投資の利益も確定申告すれば、ふるさと納税の対象になるので、投資の方も頑張りたいですね~。
〔参考記事〕「ふるさと納税」のお得すぎる仕組みや申し込み方法まとめ。実質負担2千円で豪華な返礼品が貰える!

SBI債(SBIホールディングス社債)は、高金利で人気殺到。販売情報・メリット・デメリットまとめ!

 

SBI債は、定期預金より高金利が期待できる社債です。
今回は、第36回SBI債が、平成29年3月17日(金)12時より、約3ヵ月ぶりに販売されます。

日銀のマイナス金利の影響などで、銀行預金の金利は低迷ですが、そんななかでも、SBI債は、高金利で発行されるので大人気です。
販売のニュースが流れるたびに、ネット上では、ちょっとしたお祭り騒ぎになります。

今回は、こんなSBI債について、販売情報、メリットやデメリット(危険度)などについて、分析してみました。

2017年3月16日木曜日

第一交通産業の株主優待拡充が凄い。株式分割に伴うもので、東証一部に昇格も期待できる!

 

「第一交通産業 (9035)」は、福岡小倉発祥のタクシー最大手です。

株主優待では、自社タクシークーポン券が貰えます。
また、カタログギフトとの交換もできるので、普段タクシーを使わない方でも嬉しい内容となっています。

この第一交通産業が、先日、株式分割2:1の実施を発表し、従来の半分の投資額でも株主優待が貰えるよう拡充されました。
現在、福証上場銘柄ですが、将来的な東証一部への昇格狙いが垣間見えるのも高評価です。

2017年3月15日水曜日

配当金や株主優待を目的の投資では、株価が10%下がったら売るような、機械的な損切は不要だと思う!

 

■ そもそも損切とは?

損切りとは、買った株式の株価が下落した場合、それ以上の損失を防ぐため、その株式を売って損出額を確定することです。

通常、損切りをする場合は、事前に、買値から一定率が下落した実行すると決めておくものです。
たとえば、10%の下落を損切ラインと設定した場合、株価1万円で買った銘柄が、株価9千円になったら損切りします。

株価が下落しているときは、どこまでも下落しそうな不安に襲われます。
損切りをすれば、そんな不安から解放され、資金を寝かすことなく、新たに上昇しそうな銘柄に投資することができます 。

2017年3月14日火曜日

株主優待でクオカードが貰えるおススメ銘柄7選!

 

■株主優待で貰えるクオカードは本当に便利!

株主優待を貰うと非常に嬉しくて、投資を続ける勇気を貰えます。
そんななかでも、特に使い勝手がよくて便利なのが、コンビニやファミレスでも利用できるクオカードです。

我が家では、株主優待で貰ったクオカードは、家族でファミレスで利用することにしています。
家族だんらんの貴重な時間が取れて、大変満足度が高いです。

そこで、今回は、株主優待でクオカードが貰える7銘柄を選んでみました。