2019年3月18日月曜日

銘柄選定に役立つバフェット氏の名言まとめ!

 

株式投資では銘柄選びに迷うものです。
どの銘柄に投資するかによって、投資成績も左右されるものです。

僕の場合は、配当金を重視した投資スタイルです。
でも、最近は、保有株の動向が不安定で、銘柄選びに少し悩んでいます。
そこで、今回は、世界一の投資家バフェット氏の名言から、銘柄選定のヒントを得たいと思います。





■ウォーレン・バフェット氏とは?

ウォーレン・バフェット氏は世界一の投資家です。
アメリカの経済紙フォーブスによる世界の億万長者では、2018年は第3位に選ばれています。
資産額は883億ドル(9兆7千億円)と半端ない金額です。

億万長者の大半は、自分で事業を立ち上げた起業家が多いです。
そんななかで、バフェット氏が異色なのは、株式投資で資産を増やした投資家であるということです。
そういった点から、投資家の間では、神様のような存在と言えます、



■ウォーレン・バフェット氏の投資スタイルとは?

バフェット氏の投資スタイルは、シンプルです。
最新の投資テクノロジーを活用したものではなく、誰もが読むことができる公表資料に基づいて投資を判断していると言われます。

銘柄を選ぶ主なポイントは、次の3つにまとめることができます。
本当に凄い投資家なのに、誰でもできそうな投資手法というのも魅力的です。

・自分が理解できる会社に投資する。
・安定して利益をあげている会社に投資する。
・将来が明るい経済的な強みを持った企業に投資する。

【おすすめ記事】
・日本の凄い投資家・竹田和平氏の保有株まとめ【永久保存版】


■銘柄選定に役立つ名言まとめ!

バフェット氏は、言葉を操る能力にも優れています。
これまでも、自分の投資スタイルを端的に分かりやすく表現した、数多くの名言を残してきました。

今回は、銘柄選びの際に役立ちそうな名言をまとめてみました。
バフェット氏のように長期間にわたり着実に資産を増やすことができる銘柄に投資したいですね~。


★喜んで10年間、株を持ち続ける気持ちがないなら、たった10分でも株を持とうと考えるべきではない!
バフェット氏の投資スタイルは、優良銘柄の永久保有です。
銘柄を選ぶ際には、安定感が高く、10年後が簡単に想定できる銘柄への投資を重視されています。
そのため、バフェット氏は、食品、飲料、日用品、金融が中心のポートフォリオとなっています。


★私が成功した理由は飛び越えられるであろう30センチのハードルを探すことに精を傾けたから!
いくら優良銘柄であっても割高で買っては利益がでません。
企業の価値に対して、十分すぎるくらいの安全余裕度を持った、割安な株価で買うことが重要なのです。


★信頼できるもの、そして10年、20年、50年経っても、みんながほしいと思うものをつくっている事業なのか!
具体的で、非常に分かりやすい言葉です。
ITバブルの時に、バフェット氏が、IT銘柄に手を出さなかったのは、あまりに有名な話です。
テーマ株に飛びつかず、長期スパンで銘柄を見極めることが大切です。


★非常に素晴しい事業には、耐久性の高い堀(参入障壁)がある!
強いブランド力、圧倒的なコスト競争力、寡占市場などの参入障壁がある企業は、高い利益を安定して稼げます。
・ブランド力なら、コカ・コーラ、P&G、花王などです。
・コスト競争力なら、アマゾン、コストコ、ABCマートなどです。
・寡占市場なら、NTTドコモ、KDDIなどです。
こういった企業は、経済的に耐久性の高い堀がある、安定感の高い銘柄だと思います。


★将来の生産性ではなく、将来の株価変動を当てにしているなら、それは投機というものだ!
株価の値動きではなく、業績を重視して銘柄を選ぶべきです。
安定して業績が成長する企業を、割安な株価で買えば、株価は業績に収斂するので、自然と利益を得ることができます。
株価の値動きだけを期待して買うのは、投機にすぎないと思います。



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・配当金・株主優待生活へのポートフォリオ
・これまでの投資成績まとめ。地道に資産を増やし億り人になる!
・これまでの配当金総額まとめ。高配当株をコツコツ買い増すのみ!
・高配当株おすすめ銘柄まとめ!
・株主優待おすすめ銘柄まとめ!
・配当金生活には元手がいくら必要なの?
・財形貯蓄のメリットまとめ。浪費家の僕が年間100万円の貯金体質へ!

★オススメのブログ★
・かすみちゃんの株主優待日記
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿