2018年4月12日木曜日

アークランドサービスの株主優待が凄い。カツ丼専門店かつやで使える食事券が貰える!

 

「アークランドサービスホールディングス (3085)」は、かつ丼専門店かつやを主力とする外食大手です。
全国各地で、かつ丼や唐揚げなどの専門店を約420店舗を運営しています。

このアークランドサービスですが、株主優待が魅力的です。
自社店舗で利用できる食事券が年間2千2百円分が貰えますが、単価も安く、使い勝手が良いです。

そこで、今回は、アークランドサービスの株主優待が使えるお店や活用方法について、まとめてみました。
〔参考記事〕「すかいらーく」の株主優待が凄い。優待拡充でガストなどで使える食事券6千円分も貰える!




■ 株主優待の概要について

アークランドサービスの株主優待では、100株保有・約22万円の投資で、食事券が年間2千2百円分が貰えます。
お持ち帰りのメニューも充実しているので、そういった点からも使い勝手が良いのではないかと思います。

〔参考記事〕物語コーポレーションの株主優待が凄い。焼肉キングや丸源ラーメンで利用できる食事券5千円分が貰える!

★6月・12月権利確定銘柄
★最低投資額222,200円(100株・平成30年3月23日時点)




■ 株主優待が使える店舗について

アークランドサービスの株主優待は、次のような自社店舗で利用できます。
約420店舗と使える店舗数が多く、実力の高い株主優待です。

また、メニュー単価が安いのも魅力の1つです。
食事券2千2百円分があれば、家族4人で利用しても、小銭を足せば十分に満足できるボリュームを満喫できます。

【株主優待が使える店舗一覧】
・とんかつ・かつ丼「かつや」
・肉めし「岡むら屋」
・からあげ専門店「からやま」





■ 業績からの分析について

アークランドサービスホールディングスの業績は、しっかりとした増収増益を続ける成長株です。
また、株主還元についても、9年連続増配を続けるなど積極的です。


外食銘柄において注目すべきは、既存店売上高と出店余地です。
そして、この両面から成長期待が持てるのがアークランドサービスです。

まず、既存店売上高ですが、前期の直営店は、前年比102%です。
外食では、前年割れが当たり前の世界のなかで、これは素晴らしい数字で、今期も同水準で推移しています。

また、出店余地についても、現在、かつやが約370店舗ですが、外食銘柄では限界の目安が約1千店舗と言われます。
さらに、からあげ専門店など、多業態化を進めているのも心強いです。

業績については、これまでのところ、順風満帆であると言えます。
財務面では、自己資本比率は7割台で、有利子負債ゼロと、こちらも鉄壁の安定感を持ちます。
2018年12月期は、会社予想では、前年比で約1割の増益見込みです。

〔参考記事〕日本マクドナルドの株主優待、大人気すぎる5つの理由とは?


【基礎情報】2018年3月23日時点
アークランドサービスホールディングス (3085)
・株価 2,222円
・PBR 4.40
・PER 29.43
・自己資本比率 75.7%
・配当利回り 0.72%
・最低投資額 222,200円


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・日本株 保有株一覧♪
・株主優待 到着しました(*´∀`*)♪
・株主優待 新設・変更情報はこちらです♪
・株主優待 おすすめ銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 お米銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 金券銘柄一覧をまとめました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・The Goal 新ブログ
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿