2020年1月7日火曜日

株価下落時こそ、配当金投資はさらに加速する!

 

■ 配当金再投資で資産を増やそう!

株式投資で配当金を貰ったら嬉しいものですね~。
この配当金を自分へのご褒美として使うのも、もちろん良いと思います。

でも、配当金を再投資にまわしたら、資産をドンドン増やすことができます。
複利の力を生かした、配当金再投資は、僕みたいなサラリーマン投資家にとって大きな力になってくれます。




■ 株価下落時は高配当株を買い漁るチャンスだ!

僕は、配当金を目的とした投資をやっています。
できるだけ継続して配当金を得ることができるよう、しっかり銘柄選定し、今年は約80万円の配当金を見込んでいます。

配当金を多く貰うには、当然ながら、高利回りの銘柄への投資が必要です。
たとえば、僕の場合は、運用資産が2500万円で、現在の保有株の配当利回りは、平均3.5%です。
もし、配当利回り5%の銘柄に投資していたら、配当金見込みは100万円に増えてくれます。

株式市場が下落すると、高配当株が増えるので投資のチャンスです。
配当利回り5%以上もある優良銘柄も出現するので、株価下落時こそ、高配当株を買い漁るのが成功の近道です。

【おすすめ記事】
リーマンショックの株価の動きから、株価暴落の対応を学ぶ!



■ 配当金は貴重な追加資金になる!

株価下落時は。配当金を増やすチャンスです。
でも、そのためには元手が必要です。
配当金投資では、この追加投資の元本に、受け取った配当金を使うことができるメリットがあります。

僕の場合は、給料からの新規資金は、年間100~150万円です。
これに対して、配当金から約80万円が見込めます。

株価下落時に、年間200万円で、配当利回り6%の銘柄に投資すれば、税引き後10万円の配当金増加が期待できます。
配当金は、追加資金としても貴重です。
特に、株価下落時は、配当金再投資を加速させてくれる存在となります。

【おすすめ記事】
KDDIが凄い。株主優待・高配当・連続増配まとめ!



■ 景気敏感株に気をつけよう!

ここまで配当金額を勝手に試算してきました。
この大前提になるのが、配当金が減配されないということです。

配当金投資では、減配リスクが大敵です。
たとえば、高配当株として有名だった日産自動車ですが、リーマンショック時には無配に転落しています。
無配になったら配当金再投資は成り立ちません。

配当金投資では、業績の安定した銘柄を選ぶことが基本です。
景気によって利益が左右される景気敏感株は、配当金も安定しないので、避けるべきだと思います。

【おすすめ記事】
〔参考記事〕日産自動車は配当利回り5%以上だけど、リーマンショック時の配当実績を知っているの!?



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・配当金・株主優待生活へのポートフォリオ
・これまでの投資成績まとめ。地道に資産を増やし億り人になる!
・これまでの配当金総額まとめ。高配当株をコツコツ買い増すのみ!
・高配当株おすすめ銘柄まとめ!
・株主優待おすすめ銘柄まとめ!
・配当金生活には元手がいくら必要なの?
・財形貯蓄のメリットまとめ。浪費家の僕が年間100万円の貯金体質へ!

★オススメのブログ★
・かすみちゃんの株主優待日記
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿