2018年11月23日金曜日

ゼネラルミルズが凄い。高配当・連続増配まとめ!

 

「ゼネラルミルズ(GIS)」 は、食品の世界大手です。
ハーゲンダッツなどのブランドを持ち、ヨーグルト・アイス・即席シリアル・冷凍食品などを扱います。

アメリカ株は、連続増配株が多くて、最近は注目を集めています。
今回は、そんなアメリカ株でも、連続増配に加え、高配当でもあるゼネラルミルズについて、まとめました。

〔参考記事〕AT&Tが凄い。超高配当・連続増配まとめ!





■ ゼネラルミルズの高配当が凄い

ゼネラルミルズの最大の魅力は、高配当であることです。
平成30年11月時点で、配当利回りは4%台半ばもあり、生活必需品セクターのなかでは、屈指の高さです。

生活必需品セクターは、フリーキャッシュフローが豊富で、業績の安定感が高いことが魅力です。
配当金投資に向いているセクターと言えます。
でも、残念ながら、日本株では、配当利回り3%に達する銘柄はほとんどないです。

アメリカ株では、P&G、ペプシコなど、生活必需品セクターのなかにも、高配当株もあります。
そのなかでも、特に配当利回りが高いのが、ゼネラルミルズなのです。

〔参考記事〕NTTドコモが凄い。高配当・連続増配まとめ!



■ ゼネラルミルズの連続増配が凄い!

高配当のゼネラルミルズを支える、もう一つの魅力は安定感です。
14年連続の増配株になります。

アメリカ株には連続増配株が多くて、30年以上の銘柄もたくさんあります。
そんななかで、14年という連続増配は、まだヒヨッコのレベルです。

ただ、ゼネラルミルズの凄いところは配当金の安定感です。
1856年創業の老舗企業で、過去100年にわたって、一度も減配した実績がないのです。

配当金投資では減配リスクが最大の敵です。
そういった点から、ゼネラルミルズは安心して保有できる銘柄です。

〔参考記事〕興銀リースが凄い。株主優待・高配当・連続増配まとめ!



■ 業績・財務からの分析はどうなの?

ゼネラルミルズの株価は、ここ1年間のうちに約2割も下落しています。
その理由が、業績に対する懸念です。

売上高は、やや微減といった感じで推移しています。
なかでも主力のヨーグルトが、新興ブランドやPBに対し、苦戦しています。

そんななかで、ゼネラルミルズも黙っているだけでなく、成長分野であるペットフード大手を買収するなど、対策を進めています。
今はまだ買収費用による債務増加の懸念などから、結果は出ていません。
ただ100年以上の伝統を持つ老舗企業として、そのブランド力を生かした、安定した業績を今後も期待したいです。

〔参考記事〕【アメリカ株】連続増配&高配当株8選!


【基礎情報】ゼネラルミルズ(GIS)
(平成30年11月9日時点)
・株価 45.31ドル
・PBR 4.37
・PER 15.14
・自己資本比率 19.96%
・配当利回り 4.41%

気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・日本株 保有株一覧♪
・株主優待 到着しました(*´∀`*)♪
・株主優待 新設・変更情報はこちらです♪
・株主優待 おすすめ銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 お米銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 金券銘柄一覧をまとめました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・The Goal 新ブログ
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿