2018年11月30日金曜日

リコーリースが凄い。株主優待・高配当・連続増配まとめ!

 

「リコーリース (8566)」 は、リコー傘下の総合リース大手です。
親会社の強みを活かした事務機器はもちろん、医療機器などのリースや、集金代行・融資など金融サービスも扱っています。

リース大手は、高配当・連続増配が多いことでも注目です。
今回は、そのなかでも、配当・優待利回りが高い、リコーリースについて、株主優待・高配当・連続増配をまとめました。

〔参考記事〕高配当株おすすめ銘柄10選 〔2018年版〕





■ リコーリースの株主優待が凄い!

総合リース大手では、株主優待制度を導入している企業も多いです。
たとえば、オリックスはカタログギフト5千円相当、興銀リースは図書カード3千円分が貰えます。

リコーリースの株主優待の場合は、100株・約36万円の投資で、クオカード3千円分が貰えます。
さらに、保有期間が1年以上なら4千円分、3年以上なら5千円分に増額されるので、魅力が大幅にアップします。

クオカードは、株主優待では常に人気上位の金券です。
コンビニ・書店などで利用できる便利さが人気の理由ですが、リコーリースの株主優待で貰えたら嬉しいです。

〔参考記事〕オリックスの株主優待が凄い。ふるさと優待で選べる15選!



■ リコーリースの連続増配が凄い!

連続増配株といったら、アメリカ株のイメージが強いです。
コカ・コーラ、P&J、J&Jなどのように50年以上も連続増配を続けている銘柄もあります。

それには及ばないものの、日本株にも10年以上の連続増配株はあります。
その1つがリコーリースです。
なんと23年連続と、日本屈指の連続増配株となっています。

1株あたりの配当金は、2003年:21円⇒2018年:70円と、この15年間で3倍以上に増えています。
特に、リーマンショック時すら増配している実績が素晴らしいです。
リース大手は、レバレッジを利用したビジネスモデルは気がかりですが、各社とも連続増配実績は素晴らしいですね~。

〔参考記事〕株主優待でクオカードが貰えるおススメ銘柄7選!




■ リコーリースの高配当が凄い

リコーリースの最大の魅力は、連続増配です。
でも、いくら連続増配でも、今の配当利回りが低ければ、魅力は薄れます。

リコーリースの配当利回りは、2%台です。
たしかに3%以上ある高配当株も多いなかで、高利回りとは言いにくいです。
でも、株主優待や連続増配を踏まえると、この配当利回りでも、十分に魅力的な投資先だと思います。

〔参考記事〕連続増配が凄い!リース大手7社の配当利回り&株主優待は?



■ 業績・財務からの分析はどうなの?

リコーリースの業績は、ここ数年は、高水準な利益が続いています。
また、リーマンショック時も、黒字を確保するなど、安定感は非常に高いと言えます。

セグメント別の売上高・利益は、次のとおりとなっています。
リース・割賦事業のうち、事務・情報関連機器の取扱いが半分以上を占めるなど、親会社リコーの影響を感じます。
・リース・割賦事業:売上高2943億円・利益139億円
・金融サービス事業:売上高73億円・利益34億円

業績における今後の気がかりな点は、やはり親会社の動向です。
事務機器はペーパーレスが進むなかで、徐々に需要は減ってきています。
リコーリースも、これに代わる新たな成長分野が必要で、最近は金融サービス事業に注力しているようです。

財務面は、自己資本比率は10%台と低めですが、これはレバレッジを利用した金融会社であるためです。
平成31年3月期の業績は、会社予想では前年比で横ばいの見込みです。

〔参考記事〕興銀リースが凄い。株主優待・高配当・連続増配まとめ!


【基礎情報】リコーリース (8566)
(平成30年11月16日時点)
・株価 3,605円
・PBR 0.66
・PER 9.87
・自己資本比率 16.9%
・配当利回り 2.22%
・最低投資額 360,500円

気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・日本株 保有株一覧♪
・株主優待 到着しました(*´∀`*)♪
・株主優待 新設・変更情報はこちらです♪
・株主優待 おすすめ銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 お米銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 金券銘柄一覧をまとめました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・The Goal 新ブログ
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿